CSR推進体制

企業としての社会的責任(CSR)を果たすため、神戸製鋼グループでは「CSR委員会」を中心に以下の推進体制をとっています。

推進体制図

推進体制図

神戸製鋼グループのCSRに関する基本方針の決定およびその活動を集約する機関として、2006年より「CSR委員会」を設置しています。
また、取締役会の諮問機関として「コンプライアンス委員会」を設置しており、重要事項に関する審議・提言・進捗確認を行っています。
「CSR委員会」は、これらのCSRに関する活動を取りまとめ、「神戸製鋼グループ環境・社会報告書」として発行しています。

関連リンク

ページトップへ