KOBELCOの3つの約束

歴史・歩み

歴史歩み

明治、大正、昭和、平成…。激動する時代の中、近代日本の歴史とともに、KOBELCOは自らの道を歩み続けてきました。2005年に創立100周年を迎え、次の100年をめざすKOBELCO。その、未来へと向かう軌跡をご紹介します。

誕生

詳細を見る

1905(明治38)年9月、KOBELCOの歴史は始まりました。合名会社鈴木商店が神戸・脇浜にあった小林製鋼所を買収し、神戸製鋼所として創業したのです。
以来、1926(大正15)年には日本初のセメントプラントを完成、さらに国産1号機の電気ショベルを製造、アルミ・銅製品や溶接材料の生産を開始するなど、メーカーとしての基盤を着実に固めていきました。
一方、時代は太平洋戦争へと移り、1945(昭和20)年には空襲により全国の工場が大きな被害を受ける中で終戦を迎えました。

成長

詳細を見る

戦後の混乱がまだ収まらない中、神戸製鋼所は、戦後いち早く鉄鋼の生産を再開した後、1955(昭和30)年には、国内初の金属チタンの生産を開始。チタン工業化のパイオニアとしての地位を築いていきます。
1959(昭和34)年には神戸製鉄所の第1号高炉に火入れを行い、銑鋼一貫メーカーとしての道を歩み始めました。
1970(昭和45)年には加古川製鉄所が完成。線材・棒鋼をはじめとする幅広いメニューが揃いました。
日本の高度成長とともに神戸製鋼所も大きく成長し、鉄鋼・非鉄と機械の複合経営の基盤が築かれたのです。

世界へ

詳細を見る

1960(昭和35)年に初の海外拠点となるニューヨーク事務所を開設、1962(昭和37)年には現在のバングラディシュに日本企業で初の肥料プラントを建設するなど、神戸製鋼所は1960年代から海外進出を始めました。
1970年代に入ってさらに国際化が加速し、東南アジア、中東、アメリカ、中国へ次々と拠点を開設。海外でのビジネスと複合経営を本格化していきます。
国際統一営業標識として「KOBELCO」が制定されたのも、この頃でした。

創立100周年~その先へ

詳細を見る

1995年(平成7年)1月、阪神・淡路大震災が発生。神戸本社は倒壊し、鉄鋼業の生命線となる高炉が停止するなど、甚大な被害を受けました。
しかし、KOBELCOは立ち止まらずに歩み続けます。
海外拠点をさらに拡大する一方、2002(平成14)年には神鋼神戸発電所第1号機が、2004(平成16)年には第2号機が完成し、国内最大規模となる電力卸供給事業を開始。
2005年(平成17年)には創立100周年を迎えました。
時代の荒波を乗り越えながら、KOBELCOは次の100年へと前進します。