研究開発体制

多視点が技術。

あらゆる角度から、正しい視点で、多種多用の新製品、新技術の研究開発を考えます。

神戸(西神地区)の神戸総合技術研究所と密接な連携をとり、アルミ・銅の研究部門は、協調して材料技術、生産技術の研究を推進。研究者の一人ひとりがユーザーニーズに適切に応えるため、より信頼性が高く、より経済的な技術の開発を目指します。その結果、飲料缶用、ディスク用、自動車パネル用などの各種アルミ合金、リードフレーム、端子、コネクター用などの電子材料用銅合金をはじめ、数多くの新材料、新技術を提供。
神戸製鋼は、ますます発展する社会、産業の未来に高度な技術で幅広く対応して行きます。

神戸製鋼技報 アルミ・銅事業関連情報

※「神戸製鋼技報」コーナーのPDFファイルにリンクしています。