KMTセミコンダクター(株)の株式譲渡契約の締結について


2001年2月16日

KMTセミコンダクター(株)の株式譲渡契約の締結について

 当社及びマイクロン・テクノロジー社(以下 マイクロン)は、当社が保有するKMTセミコンダクター株式会社(以下 KMT)の全株式(発行済株式数の75%)をマイクロンに譲渡することで最終合意に達し、本日株式譲渡契約に調印しました。この結果、譲渡完了時に当社は、25百万ドル(約30億円)を受領するとともに、KMTの借入債務にかかわる当社の融資および保証(2000年9月末時点で約500億円)をすべて解消することになります。2000年9月末を基準に事業譲渡の対価を算定すると約530億円(基本合意時点では約630億円)となります。なお、事業譲渡の実施時期は2001年5月初めの予定です。

 昨年10月の基本合意を受けて、当社及びマイクロンはKMTの企業精査を実施するとともに、株式譲渡契約に向けた交渉を継続してきました。この間に、米国経済が急速に失速する中で、汎用DRAMは、その主力用途であるパソコン販売の伸び悩みによる供給過剰感から市況価格が急速に下降しています。しかも、これは単なる季節要因にとどまらず、パソコン購買顧客の購入意欲の減退やパソコンメーカーの生産調整等により長期化すると予想されています。このため、KMTの企業価値を評価する中で大きなウェイトを占める2001年度の収益は大幅に圧迫される見通しとなりました。
 こうした現下の状況を踏まえ、マイクロンより株式譲渡価格の見直しの要請があり、数次にわたる交渉を行った結果、KMTを取り巻く事業環境が大きく変化していることを考慮に入れ、最終的に当社への支払を25百万ドル(基本合意時点では125百万ドル)に変更すること、及び株式譲渡日を2001年3月末から5月初めに延期することで合意したものです。

 当社は、KMTが今後ともマイクロンのもとで世界最先端の半導体製造工場としての地位を確保し、さらなる事業基盤の強化と一層の飛躍が図れるものと期待しております。

 当社では現在、経営資源をコア事業の強化に集中することを経営課題として位置付けておりますが、今回の譲渡はこの方針に沿ったものです。

以  上


<ご参考>
KMTセミコンダクター(株)の概要
社長:高橋 出雲男
所在地:兵庫県西脇市平野町302-2
設立時期:1990年5月(KMTセミコンダクター(株)としては1999年4月)
資本金:421億円(資本準備金を含む)
出資比率:神戸製鋼 75% マイクロン 25%
従業員数:約900名

マイクロン・テクノロジー社の概要
社名:Micron Technology Inc.
社長:Steven R. Appleton(スティーブン R アプルトン)
所在地:米国アイダホ州ボイジ市
設立時期:1978年10月
売上高:約7,336百万ドル(1999年9月〜2000年8月)
当期損益:約1,500百万ドル(1999年9月〜2000年8月)

 


   ホームへ

      一つ上のページへ


ご不明な点、お問い合わせがありましたら下記宛先までどうぞ
www-admin@kobelco.co.jp