KOBELCOの3つの約束

電力事業部門

2002年度より電力供給事業を開始し、地域の電力の安定供給に貢献しています。
更に現在、発電所の増設・新設計画を進めています。

神戸発電所

1995年4月の電気事業法改正を受け、神戸製鉄所の既存インフラや製鉄事業での自家発電のノウハウなどを最大限に活用した新規事業として、神鋼神戸発電所を建設し、2002年度より電力卸供給事業を開始しています。発電した電力は、関西電力(株)へ全量を供給しています。電力卸供給事業としては国内最大規模であり、神戸市の夏場のピーク電力需要の約7割を賄える規模です。また、都市部に立地している事から、最高水準の環境設備を備えています。2016年4月に、事業会社名をこれまでの神鋼神戸発電(株)から、グループブランドを付した(株)コベルコパワー神戸へ変更しました。

真岡発電所(建設中)

栃木県にある真岡製造所の隣接地に125万kW級の発電所の建設を計画しています。2014年9月に東京ガス(株)と電力とガスの供給に関する契約を締結し、2019年後半の1号機稼働開始を目指して建設中です。2016年1月に、特別目的会社(SPC)として、(株)コベルコパワー真岡を設立し、同年7月には起工式を実施しました。本発電所は、東京ガス(株)から都市ガスの供給を受け、最新鋭のGTCCによる国内最高レベルの効率で発電を行います。国内初の本格的な内陸型火力発電所であり、電源の分散立地によるエネルギーインフラの強靭化や地域の発展などに貢献できると考えています。

(仮称)神戸製鉄所火力発電所(計画中)

2017年を目処とした神戸製鉄所の上工程休止に伴い、高炉跡地に発電規模130万kWの発電所増設計画を進めています。2015年3月に関西電力(株)と電力受給契約を締結し、現在、2021年度の1号機稼動開始を目指し、環境アセスメントを実施しています。本発電所は、最新鋭の発電技術である超々臨界圧発電設備の導入に加え、都市型発電所に相応しい最高水準の環境設備を備えたものとなります。

発電所概要

 
発電所名 燃料 発電規模 発電方式 供給開始時期
神戸発電所 石炭 140万kW
(70万kW×2) 
微粉炭火力 超臨界圧発電 1号機 : 2002年4月
2号機 : 2004年4月
真岡発電所(建設中) 都市ガス 124.8万kW
(62.4万kW×2)
ガスタービン・コンバインドサイクル
(GTCC)
1号機 : 2019年後半予定
2号機 : 2020年前半予定
(仮称)神戸製鉄所火力発電所
(計画中)
石炭 130万kW
(65万kW×2)
微粉炭火力 超々臨界圧発電 1号機 : 2021年度予定
2号機 : 2022年度予定

プレスリリース

ページトップへ