神戸製鋼HOME神戸発電所

はじめに

地域と共生する新しいスタイルの「都市型発電所」、それが神戸発電所(石炭火力発電)のテーマです。2002年4月の1号機(70万kW)に続いて、2004年4月には2号機(70万kW)が運転を開始し、フル稼働(総出力140万kW)しました。
大都市におけるライフラインの確立、地域へのエネルギー供給、環境の保全と景観デザイン、地域への社会貢献。こうしたこれからの都市型発電所に求められるさまざまな期待に応え、私たち神戸の街の暮らしと安全を支える発電所として、さらなる研鑽を積んでゆきます。

わたしたちの街と共に

 

地域と共生する「都市型発電所」、このテーマをもとに、建設された神戸発電所。その目的について紹介しています。

最新鋭の発電設備

 

神戸発電所は、最先端の石炭火力発電所です。その主な設備について、紹介しています。

最高水準の環境保全

 

神戸発電所は、環境保全に最も配慮した都市型発電所として計画されました。 その対策や設備について紹介しています。

潤いのある暮らしづくり

 

神戸発電所の稼動を契機に、「省エネルギー」「地域との交流と共生」をキーワードとして、熱供給事業と3つの地域交流施設を紹介しています。

概要

 

神戸発電所の全体配置図をはじめ、概要を紹介しています。

Q and A

 

神戸発電所のさまざまな質問に、Q & A形式でお答えしています。

関連トピックス

 

神戸製鋼のトピックスから、神戸発電所が関係したトピックスを紹介しています。