• テーマは「製鉄・発電・エネルギー・環境」

    遊びながら科学や技術のおもしろさ、不思議さを体感してね!

 

  • トップページ|灘浜サイエンススクエア
  • ご利用案内|灘浜サイエンススクエア
  • 館内案内|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア

    トップページ > コベルコマンからのお知らせ > 神戸製鋼コベルコスティーラーズと「1トンをもちあげよう」

    コベルコマンブログ

    灘浜サイエンススクエアのホットな情報を発信するブログ。
    イベントやビオトープの様子などをお届けしていきます。

    神戸製鋼コベルコスティーラーズと「1トンをもちあげよう」

    5月27日、灘浜サイエンススクエアでは、神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手を迎えて、楽しいひと時を過ごしました。


    第一部は、鉄の重みを体感する展示「1トンをもちあげよう」の挑戦です。


    まずは、たくさんお友だちに力いっぱい頑張ってもらいました。

    写真に写っている「810」の数字が「0」になれば、持ち上げ成功となります。


    次に何人かのラグビー選手が加わり挑戦しましたが、残念ながら1トンはもちあがりません。

    そこで、ラグビー選手だけで挑戦してもらいました。

    灘浜サイエンススクエア開館以来、これまで持ち上げに成功したのはたったの8回。
    最少人数は2013年に樹立された18人でした。記録が更新できるでしょうか?


    実はこの展示、力があれば持ち上がる、というものではなく、 挑戦者がバランスよくひっぱることが大事なのです。

    でもそこは、さすがコベルコスティーラーズ!

    たった11人で、見事1トンの持ち上げに成功!
    素晴らしいチームワークでした。
    皆さんのアンコールにも応えて、軽々と持ち上げてくれました。


    第二部は、ラグビーボールとふれあうイベントです。


    みんなはラグビーボールをさわったことがありますか?
    楕円形のラグビーボールをまっすぐに投げることは難しいのだけど、 お友だちはみんなとても上手にラグビー選手とパスをしました。



    ラグビーと言えば、迫力あるタックル!
    選手が使っているトレーニング道具でみんなも体験です。


    お友だちの勢いに、選手はひっくりかえってしまいましたよ。


    最後は、ラインアウトのリフティング体験です。
    ラインアウトというのは、サッカーで言えばスローイン。
    両チームのプレーヤーが1列づつ並び、ラインの外からまっすぐに投げ入れたボールを奪い合うプレーです。
    そのボールを取るために、ジャンプする選手を持ち上げることができます。


    ナイスキャッチ!!


    サインや記念撮影に応じるラグビー選手。笑顔があふれる一日でした。




    今度は、グランドで会いましょう!

    イベント・実験|灘浜サイエンススクエア
灘浜サイエンススクエア
  • 灘浜サイエンススクエア

    住所:〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地

    電話:078-882-8136(受付時間9時30分~16時30分)

    FAX:078-882-8137

灘浜サイエンススクエア