• テーマは「製鉄・発電・エネルギー・環境」

    遊びながら科学や技術のおもしろさ、不思議さを体感してね!

 

  • トップページ|灘浜サイエンススクエア
  • ご利用案内|灘浜サイエンススクエア
  • 館内案内|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア

    トップページ > コベルコマンからのお知らせ

    コベルコマンブログ

    灘浜サイエンススクエアのホットな情報を発信するブログ。
    イベントやビオトープの様子などをお届けしていきます。

    KOBEこどもエコクラブ 平成29年度エコ活動発表会

    11月25日に、灘浜サイエンススクエアにおいて、

    神戸市環境局主催のKOBEこどもエコクラブ 平成29年度エコ活動発表会が開催されました。


    KOBEこどもエコクラブの皆さまが、
    毎月のクリーン作戦に参加して公園をきれいにしてくださっている活動をはじめ

    それぞれのクラブの素晴らしい活動とその成果を発表してくださいました。

    次の写真は発表の様子の一部です。










    大人顔負けの、KOBEこどもエコクラブの皆さまの活動には毎回、本当に感心します。
    どうかこれからもエコ活動を続けて、そして、その大切さとよろこびを、まわりの大人にも伝えて欲しいと思いました。


    さて、エコ活動発表のあとは、「仲間と楽しく交流!」として

    自然教室「種の不思議な世界と落ち葉の工作」を楽しみました。


    種の冒険を学んだあとは、タネの模型を作って飛ばす体験。


    模型は簡単なしくみなのですが、本物のタネが飛ぶように、クルクル飛ばすことができました。


    後半は、こうべ環境未来館やNPO六甲山の自然を学ぼう会のスタッフが集めた美しく色づいた葉っぱを使っての工作。



    とてもお天気が良かったので、太陽の光を通して見るとステンドグラスのように美しい「落ち葉の窓」を作りました。


    ご参加くださったお友だち、サポーターの皆さま、こうべ環境未来館のスタッフの皆さま、そして神戸市環境局の皆さま、豊かな一日をありがとうございました。


    実験屋台「はてなのおみやげ」答え合わせ(ふしぎ!電気のひみつとつくり方)

    この冬も出てきました、バンデちゃん!

    日本でも数少ない大型の静電気発生装置、バンデグラフ起電機です。

    アメリカのR・J・ヴァン・デ・グラフさんという物理学者が1929年に発明した発電機です。

    (実験の中で、このバンデちゃんはどんなふうにかわるのでしょうか!?)


    さて、冬になるといやな静電気ですが、

    実験の前半はこのバンデちゃんと静電気を楽しんで(^O^)/、

    後半では電気の作り方を学びました。

    実験屋台では、お友だちみんなにも体験してもらえる実験がいくつかありますが、

    その中の一つ、プロペラを指で回して電気をつくり、ライトをつける実験。

     


    「ふしぎ」を見つけたお友だち、いたよね?

    今回のはてなのおみやげは、

    「プロペラを反対に回したらライトがつかないのはなぜでしょう?」でした。

    ヒントは、実験道具ではライトにLEDを使っている、ということでしたね。

      

    <答え>

    LEDは英語のLight Emitting Diodeの略で、日本語では「発光ダイオード」と言います。つまり、光るダイオードという意味です。

    ダイオードは一方向の電流だけを流す部品で、電気の流れる向きを一定にする時などに使います。

     

    プロペラを回すとモーターの軸が回って電気が作られますが、

    実はどちら向きに回しても電気は作れます。

    ですから、右回しでも左回しでも電気は作られているのですが、

    LEDはダイオードなので、決まった方向の電気しか流さないために、ライトは光らなかったのです。


    そんなめんどうなものを使わなくても、プロペラをどちら向きに回してもライトがつくような電球を使えば良いとは思いませんか?

    もちろんそういう電球もあります。

    たとえば「豆電球」といって、実験でもみなさんに体験してもらったように、

    4人でようやくちゃんと光った白熱電球のもっと小さい電球です。

    ただ、豆電球は小さいとはいっても、プロペラをちょっと回したぐらいでできる電気ではぜんぜん光らないため、今回の実験では使えませんでした。

     

    少ない電力で明るく青色に光るLEDの発明と貢献で、日本人3人がノーベル物理学賞を受賞したのは2014年。

    LEDは21世紀を明るく照らす灯りと言われています。

    LEDのしくみをくわしく知りたいお友だちは、インターネットにいろいろ出ているから自分で調べてみてね。

     

    今回の実験では、静電気と発電のしくみを紹介しました。

    私たちの身近にあって、生活に欠かすことのできない電気。

    みんなも電気の使い方についてじっくり考えてみよう!

     

    「ふしぎ!電気のひみつとつくり方」の実験を、

    まだ見ていないお友だち、もう一度見てみたいお友だちは、

    土曜・日曜・祝日の2時になったら、なだはまルームの「実験屋台」に集合!

    *第4日曜日は「なるほどくらぶ」開催のため、「実験屋台」はお休みです。

     

    また、この実験について、もっと掘り下げて考えたいお友だちは

    第4日曜日の科学実験講座「なるほどくらぶ」に参加しよう。


    第5回KOBELCO森の童話大賞

    5回目となったKOBELCO森の童話大賞。受賞作品が決まったそうです。
    受賞者の皆さま、おめでとうございます。
    くわしくはKOBELCO森の童話大賞ホームページをご覧ください。


    KOBELCO森の童話大賞では、小学生の部、中高生の部、いずれも金賞作品は立派な絵本になりますので、コベルコマンも楽しみにしています。


    第1回から第4回までの絵本は、灘浜サイエンススクエアでもご覧いただくことができます。
    幸せな気分になったり、わくわくしたり、すばらしい作品ばかりです。

    イベント・実験|灘浜サイエンススクエア
灘浜サイエンススクエア
  • 灘浜サイエンススクエア

    住所:〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地

    電話:078-882-8136(受付時間9時30分~16時30分)

    FAX:078-882-8137

灘浜サイエンススクエア