• テーマは「製鉄・発電・エネルギー・環境」

    遊びながら科学や技術のおもしろさ、不思議さを体感してね!

 

  • トップページ|灘浜サイエンススクエア
  • ご利用案内|灘浜サイエンススクエア
  • 館内案内|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア
  •  イベント・実験・自然教室|灘浜サイエンススクエア

    トップページ > コベルコマンからのお知らせ

    コベルコマンブログ

    灘浜サイエンススクエアのホットな情報を発信するブログ。
    イベントやビオトープの様子などをお届けしていきます。

    実験屋台「はてなのおみやげ」答え合わせ(はっけん!高い音と低い音のつくり方)

    9月から11月の実験屋台は、高い音と低い音のつくり方がテーマ。


    同じ種類の楽器でも、大きさがちがうと、音の高さがちがうことを確かめました。

    たとえば、みんながよく知っている木琴。
    長い方をたたくと低い音、短い方をたたくと高い音がしますね。
    写真はめずらしい「石琴(せっきん)」です。



    音の正体は「ふるえ」。大きいものほどふるえがゆっくりなため、私たちには低い音に聞こえるのです。
    長さや太さなど、大きさを変えて音階を作る楽器はたくさんあります。
    手作りのびっくり楽器も体験してもらいました。


    一方、同じ大きさでも、ギターやバイオリン、お琴のように、弦(げん)を使った楽器は、弦のはりぐあいを変化させれば音の高さは変わってきます。
    弦を強くはると、ふるえがはやくなって、高い音に聞こえるのです。


    神戸製鋼ならではのユニークな実験もしました。
    なんと!鉄の成分のちがいに、処理のちがい。
    まだ参加していないお友だちは、このちがいをぜひ、聞きにきてください。

    同じように見える鉄でも、ほんの少しのちがいで音は変わってくるのです。


    打ち合わせると澄み渡った美しい音色が魅力的な「明珍火箸(みょうちんひばし)」は兵庫県指定伝統的工芸品。この特徴を利用した風鈴も紹介しました。
    鉄って、本当に美しい音がでるでしょ!コベルコマンは誇りに思っています。


    さてさて、日本で考えられた、日本生まれの楽器、とてもかわいい音がする「ミュージックベル」、

    この「ミュージックベルは、何のちがいで音の高さを変えているのでしょうか?」



    これが今回のはてなのおみやげ。 色は関係ありません。
    大きさ?・・・同じですね・・・
    あ、わかった!おわん型のベルの外側の部分に当てて音をならす丸いふりこ(クラッパーと言います)の大きさがちがう?

    ・・・残念、変わりない・・・・


    <答え>

    おわん型の外側の部分、ベルの形がちがいます。



    写真は、左が低いド、右が高いド。よ~く見てね、ベルの形が少しちがっているでしょ!

    (今回実験で使用したベルは材質も同じですが、音域の広いミュージックベルはちがう材質を使うそうです。)


    今回の実験では、音の高さのちがいを作り出すのには、いろんな方法があることを学びました。
    みんなの身の回りの楽器も、どのようなしくみで音の高さを変えているか調べてみてね。


    「はっけん!高い音と低い音のつくり方」の実験を、
    まだ見ていないお友だち、もう一度見てみたいお友だちは、
    土曜・日曜・祝日の2時になったら、なだはまルームの「実験屋台」に集合!
    *第4日曜日は「なるほどくらぶ」開催のため、「実験屋台」はお休みです。

    また、この実験について、もっと掘り下げて考えたいお友だちは
    第4日曜日の科学実験講座「なるほどくらぶ」に参加しよう。


    <おまけ>

    建物をつくる時に使う「鉄筋(てっきん)」でできた巨大「鉄琴(てっきん)」の『鉄楽器』。



    鉄やアルミ、チタンなど金属の音のちがいを試すことができる『鉄の鑑定テーブル』。

    灘浜サイエンススクエアで楽しもう!

    ビオトープに秋が来ています。

    クマゼミの‘大合唱’がいつの間にか終わり、灘浜サイエンススクエアのビオトープに秋が来ています。




    ワレモコウが風に揺れています。


    そしてこれは、「ナガボノワレモコウ」。


    名前が示すように、穂の部分がワレモコウよりも長いです。
    兵庫県絶滅危惧種Aランクのナガボノワレモコウ。
    灘浜サイエンススクエアのビオトープでしっかり育ってほしいです。

    2017年夏休みの思い出

    夏休みも残り少なくなってきました。

    灘浜サイエンススクエアで開催した夏休みイベントを少しご紹介します。


    小学校高学年以上のお友だちを対象にした「実験ワークショップ なるほどひろば」。
    今年のテーマは「平面と立体の関係を調べよう!」でした。


    「次は正20面体も調べてみたい」「身の回りのものを全部、切り開いてみたい」!
    平面と立体の関係に興味を持ってくださりうれしいです。


    今年の工作教室は「飛び出す動物図かんづくり」でした。


    みんなも大好きな飛び出す絵本は、どんな仕組みでできているのでしょうか?
    恐竜を登場させたお友だちの作品に、講師は感激。


    楽しいお天気講座で一番盛り上がったのは「空気のふしぎな実験!気圧ってなあに?」でした。
    写真は、牛乳びんからゆでたまごが「出入り」する実験。


    ふしぎですね。これも気圧の力なんです。


    毎年大人気の「わらぞうり作りを体験しよう!」。


    今年はご家族にも楽しんでいただくことができました。


    「灘浜サイエンススクエアで鉄学しよう!」は実験やクイズを交えた鉄のお勉強。


    私たちの生活に欠かすことができない鉄。「鉄学マスター」のお友だちがたくさん誕生しました。


    今年もたくさんの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。

    イベント・実験|灘浜サイエンススクエア
灘浜サイエンススクエア
  • 灘浜サイエンススクエア

    住所:〒657-0863 神戸市灘区灘浜東町2番地

    電話:078-882-8136

灘浜サイエンススクエア