KOBELCOの3つの約束

世界最大のB to B IT商談展示会「CeBIT(セビット) 2017」への出展について

2017年3月13日

株式会社神戸製鋼所

当社グループは、2017年3月20日(月)から5日間、ドイツ・ハノーバーで開催される「CeBIT(セビット) 2017」に、日本貿易振興機構(ジェトロ)が出展する「ジャパン・パビリオン」内に出展します。

「CeBIT 2017」は、IoT、ビッグデータ、AI、ロボット等先端技術を活用したB to Bソリューションの世界最大級の国際情報通信技術見本市です。昨年の来場者数は、200,000名(約100カ国・地域)、出展者数は約3,300名(70カ国・地域)にのぼります。

CeBITに日本がパートナーカントリーとして参加するのは今回が初めてで、当社を含めた118社・団体が出展します。合計7,200m2となる大規模出展で、この規模のパートナーカントリーとしての参加はCeBIT史上最大となります。ジャパン・パビリオンでは「Create a New World with Japan - Society5.0, Another Perspective - 」というコンセプトのもと、Life / Office / Society、Infrastructure / Factory、Element の3つのゾーンで構成され、インフラや工場といった製造現場から、身近な生活や暮らし、働き方に至るまで幅広い領域に渡る技術が展示紹介されます。(ジェトロHPより)

当社グループは、Infrastructure / Factoryゾーンで、溶接システム、産業機械、建設機械、ごみ焼却発電プラント向けに開発した最新のIoTソリューションを紹介します。お客様の生産性向上に寄与し、スマートファクトリーに役立つ機能を提供する稼働監視ソフトウェア等をご紹介します。

「CeBIT 2017」開催概要

日時:
2017年3月20日(月)~24日(金)9:00~18:00
会場:
ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
主催:
ドイツメッセ株式会社
小間位置:
ホール12/D04(インフラ/工場)、No.37

ブースイメージ

ブースイメージ

関連リンク

お知らせの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ