神戸製鋼HOME > 技術・製品情報 > アルミ板 > FEM解析による成形性予測技術

FEM解析による成形性予測技術

材料選定、成形条件の最適化に威力

近年、輸送機材の分野では、地球環境、安全性の視点から、軽量化に寄与するアルミ材料の適用が注目されています。FEMシミュレーションを用いることで、プレス成形時の破断、しわ等の不良現象の事前予測および改善案の設計時での検討が可能となるため、材料選定の最適化および開発期間の大幅な短縮が図れます。

特長

  1. 実部品レベルでの成形性予測が可能
  2. 成形不良現象の原因検討が可能
  3. 最適材料の選定、成形条件、金型形状の適正化が可能

用途

  • 適用事例:ドアインナーパネル成形シミュレーション(PAM-STAMP)

お問い合わせ

株式会社 神戸製鋼所 アルミ・銅事業部門

アルミ板自動車材営業部

東京

TEL:03-5739-6422

名古屋

TEL:052-584-6047