KOBELCOの3つの約束

AIPやUBMSなど神戸製鋼のPVD装置

概要

1986年、神戸製鋼はAIP™の設計・製造を開始、以来国内・海外ユーザー80社に迫る納入実績を有し、切削工具、自動車・機械部品、金型、電子部品など多様な工業分野で高い評価を得ています。
1998年には日本では他に先駆けて、アンバランスド・マグネトロン・スパッタ装置UBMS™を開発、まずDLC膜で比類のない高い密着力を得ることに成功しました。これによりこれまで超硬金型に限定されていたその用途も、機械部品にまで広がることになりました。UBMSはDLC以外にも利用を広げるため開発が続けられています。

用途

切削工具、自動車・機械部品、金型、電子部品、超硬金型

お問い合わせ先

お問い合わせ先は、下記ページをご覧ください

製品紹介

ページトップへ