KOBELCOの3つの約束

新鉄源分野 直接還元鉄(DRI)プラント

直接還元鉄(DRI)プラントとは、高炉に依らない新世代型の製鉄法で、主として天然ガスを使用して鉄鉱石を還元するプラントです。 高炉のように大規模ではなく、コークスも不要なので、従来から天然ガスを産出する発展途上国にてミニミルとして建設されてきました。 近年ではアメリカ等先進国においてもスクラップ代替の清浄鉄源製造プロセスとして需要が高まっています。

この様な状況に於いて、従来の高炉による鉄鋼の生産量の伸びは、全世界で僅かに年率数%の伸びであるのに対して、直接還元製鉄法による鉄鋼生産量の伸びは、1970年の約800,000トン/年から2005年の約55,000,000トン/年と飛躍的な増加を示しています。

当社はこの直接還元製鉄プロセスにおいて、世界の約6割のシェアを持つミドレックス社のミドレックスプロセスのライセンスを保有し、世界中で活動を行っております。また、近年ではミドレックス社と共同で独自の新プロセス、ファストメットプロセスを開発し還元鉄製造の新たな分野へと踏み出しております。

お問い合わせ

株式会社 神戸製鋼所 エンジニアリング事業部門

新鉄源本部

〒141-8688 東京都品川区北品川5丁目9番12号

ウェブからのお問い合わせ