KOBELCOの3つの約束

神戸製鋼HOME > 技術・製品情報 > 原子力プラント・機器 > 使用済燃料等の輸送・貯蔵分野

使用済燃料等の輸送・貯蔵分野

神戸製鋼グループは原子力用機器には欠かせない鍛造材料、ボロン含有材料等と溶接等の製造技術を組み合わせ、使用済燃料および放射性廃棄物の輸送・貯蔵容器(キャスク)の設計・製造を行っています。

当社の高砂製作所では1981年に国内メーカーとしてははじめて原子力発電所から再処理施設へ使用済燃料を輸送するための大型鍛造キャスクの製造を開始し、既に国内外向けに200基を超える出荷実績があります。さらに、1994年からはガラス固化体輸送容器であるTN28VTも製造しています。

輸送容器

フランスTN-INTERNATIONAL 殿 TN12 型輸送容器

フランスTN-INTERNATIONAL殿向
TN12型輸送容器

使用済燃料やMOX燃料輸送用のB型輸送用のB型輸送容器
MOX:混合酸化物

電力各社 殿、NFT 殿 NFT型輸送容器

電力各社殿、NFT殿向
NFT型輸送容器

国内での使用済燃料輸送用のB型輸送容器

フランスTN-INTERNATIONAL 殿 TN 28VT型輸送容器

フランスTN-INTERNATIONAL殿向
TN 28VT型輸送容器

高レベルガラス固化体輸送用の
B型輸送容器

貯蔵容器

東京電力(株) 殿 TN24型貯蔵容器

東京電力(株) 殿
TN24型貯蔵容器

アメリカ TRANSNUCLEAR, Inc.殿 TN40型輸送貯蔵容器

アメリカ TRANSNUCLEAR, Inc.殿向
TN40型輸送貯蔵容器

使用済燃料輸送・貯蔵キャスク(貯蔵状態)

使用済燃料輸送・貯蔵キャスク(貯蔵状態)
※クリックすると説明入りの拡大画像がご覧になれます

使用済燃料貯蔵の新しい形として、2003年からはアメリカのTRANSNUCLEAR社殿の乾式貯蔵システム用に貯蔵キャニスタを提供しています。

これらのキャスク、キャニスタの合理的な設計を実現する高性能ボロン材料を開発・製造しています。また、ここで使用される濃縮ボロンは1994 年から着手したステラケミファ(株) 殿との共同開発により量産技術を確立しました。濃縮ボロンは2001年より専用のプラントで本格的に商業生産を開始し、PWR炉水用にも供給しています。

また、輸送容器、貯蔵容器をハンドリングし、貯蔵する施設・プラントも提供しています。

  • NUHOMSキャニスタ外観

    NUHOMSキャニスタ外観
  • アメリカ TRANSNUCLEAR, Inc. 殿 NUHOMS型貯蔵キャニスタ内部構造

    アメリカ
    TRANSNUCLEAR, Inc.殿向
    NUHOMS型
    貯蔵キャニスタ内部構造

    使用済燃料乾式貯蔵のための
    貯蔵キャニスタ

  • NUHOMS貯蔵システム外観

    NUHOMS貯蔵システム外観
    出典:原子力安全・保安院資料

中性子遮へい材 kobesh

中性子遮へい材 kobesh®
輸送・貯蔵容器外周部に設置する中性子遮へい材

濃縮ボロン含有アルミ板

濃縮ボロン含有アルミ板

リサイクル燃料貯蔵(株) 殿 リサイクル燃料備蓄センター内装設備

リサイクル燃料貯蔵(株)殿
リサイクル燃料備蓄センター内装設備

発電所敷地外の使用済燃料のキャスク貯蔵施設

お問い合わせ

株式会社 神戸製鋼所 エンジニアリング事業部門

原子力・CWD本部

TEL:03-5739-6653
FAX:03-5739-6978

ウェブからのお問い合わせ