そこが知りたい注目の技術・製品

KOBELCOの技術や製品は、主にさまざまな産業分野や社会インフラの整備に活用されています。それだけに、毎日のくらしの中ではなかなか目につきにくく、専門的でわかりにくいことが多いのではないでしょうか。実は世界一・日本一を誇るものがいくつもある、KOBELCOの技術・製品。その代表例を、身近な視点からわかりやすく解説します。このページを入り口にして、KOBELCOに興味をもっていただければ幸いです。

<連載>
KOBELCOのエネルギーソリューションメニュー(全3回)

キーワードは「小型で高効率」KOBELCOでは、省エネやCO2排出量削減のニーズに応え、スクリュ式圧縮機の技術を生かした様々な節電や創エネメニューを展開しています。

従来工場の課題をKOBELCO製品が解決します!

(画像クリックで拡大します)

ヒートポンプ

<第3回> ヒートポンプ
①高効率蒸気供給システム ⑥ヒートポンプ

ビルや工場などの冷房・暖房に用いられるヒートポンプは、投入エネルギー(電力)の何倍もの熱エネル…続きを読む

圧縮機

<第2回> 圧縮機
③蒸気動力圧縮機 ④低圧蒸気再生

蒸気を使っている工場で、減圧弁(圧力を調整する弁)の代わりに設置することで最大160kWを発電する…続きを読む

発電機

<第1回> 発電機
②余剰蒸気発電 ⑤熱利用発電

発電・節電に注目が集まるなか、神戸製鋼所は温水や蒸気を利用した発電機器をラインナップしてい…続きを読む

高効率スクリュロータ

高効率スクリュロータ

スクリュ圧縮機とは

 

あらゆる工場の動力源として利用されている圧縮機。しかし一般に工場の消費電力の2~3割が圧縮機に使用されているほど多くの電力を消費するため、効率の高さが非常に重要になる。
圧縮機には、「レシプロ式」「ターボ式」「スクリュ式」の3タイプがあり、神戸製鋼は全てのタイプを製造する世界唯一のメーカー。中でも、小型でも高効率運転が可能であることが特長のスクリュ式では、優れた設計・製造技術により、高精度・高品質のスクリュ圧縮機を提供し、世界トップクラスの実績を持つ。

また、スクリュ圧縮機の技術を応用した「エネルギーソリューションメニュー」も、神戸製鋼独自の技術で、大幅な省エネ・CO2削減に貢献している。

自動車軽量化への取り組み

 
自動車軽量化への取り組み

KOBELCOは、自動車軽量化の実現に貢献しています

圧縮機(コンプレッサー)

 
圧縮機(コンプレッサ)

大型プラント、各種工場から身近な用途まで、幅広く圧縮空気を供給しています

フレア護岸

 
フレア護岸

独自の波返し技術で、沿岸部の高波・高潮被害を防ぎます