KOBELCOの3つの約束

<第1回>

発電機

発電・節電に注目が集まるなか、神戸製鋼所は温水や蒸気を利用した発電機器をラインナップしています。スクリュタービンを使った小型発電機に特色があります。他社にはない独自の発電機器で、これまで利用されていなかった熱などのエネルギーを用い、温泉地や工場などでの小規模分散型発電を可能にしています。神戸製鋼所では、あらゆる温度域に対応可能な製品をラインナップしています。

マイクロバイナリー⑤熱利用発電

マイクロバイナリー

温泉発電 小型 高効率

70℃~95℃のお湯で最大60kWの発電ができます。温泉発電に使える小型発電機として、2011年10月に発売した、国産初の商品です。スクリュタービンにより、小型かつ高効率で熱変動にも強いことが特徴で、工場の廃熱でも発電できます。
別府温泉や小浜温泉での採用が決まっているほか、温泉や工場からの引き合いを多数いただいています。2012年7月から実施されている「再生可能エネルギー固定価格買取制度」にも該当し、買い取り価格は1kW当り42円。100℃~130℃の蒸気で120 kW級の発電が可能な「蒸気熱源バイナリー」も開発中です。

スチームスターMSEG②余剰蒸気発電

スチームスター

蒸気発電 小型 高効率

蒸気を使っている工場で、減圧弁(圧力を調整する弁)に設置することで最大160kWの発電をすることができます。調整のため捨てられていた未利用蒸気で発電するので、大幅な省エネやCO2削減に貢献。スクリュタービンにより、小型かつ高効率が特長です。2007年に発売し、蒸気圧力などの使用条件や出力により、3機種をラインナップしています。

出力 160kw 132kW
蒸気圧力
中圧(1.90MPaG) MSEG160M
低圧(0.95MPaG) MSEG160L MSEG132L

ラジアルタービン型発電機 GRT

210℃以上の大規模蒸気を利用し、最大で2,000kWを発電する大型の発電機。大型に適したラジアルタービンを採用しています。

発電システムラインナップ

第1回発電機第2回圧縮機第3回ヒートポンプ

KOBELCOのエネルギーソリューション製品ラインナップ

製品ラインナップ

(画像クリックで拡大します)