自動車軽量化への取り組み

地球環境保護の重要性が世界中で高まる中、自動車メーカー各社はCO2排出量削減(燃費向上)を達成するため、車体軽量化に取り組んでいます。近年、世界中で燃費規制が強化されており、軽量化の流れは待ったなしの状況にあります。特に、ハイブリッド車・電気自動車・燃料電池車等のいわゆる「環境対応車」は、重い電池を搭載することもあり、車体には更なる軽量化が求められます。一方で、衝突安全性、すなわち車体の剛性を犠牲にすることは許されません。

このような中、KOBELCOは、鉄鋼製品やアルミ製品をはじめとする様々な金属材料の提供を通じて、自動車軽量化の実現に貢献しています。

鉄鋼製品では、世界に先駆けて高張力鋼板「ハイテン」の研究開発に取り組み、車体骨格部分を中心に数多くご採用頂いています。また、線材・棒鋼の分野では、世界最高強度のばね用鋼やボルト用鋼を開発・商品化しており、自動車メーカー各社で高いシェアを獲得しています。

鉄鋼製品の自動車部品への適用例

鉄鋼製品の自動車部品への適用例

アルミ製品では、新車の開発設計段階から自動車メーカーに協力し、サスペンション向け鍛造品、バンパー等向け押出・加工品、フードやトランクリッド等向けパネル材などを開発し、各自動車メーカーで幅広く採用されています。

アルミ製品の自動車部品への適用例

アルミ製品の自動車部品への適用例