KOBELCOの3つの約束

建築構造用TMCP鋼材 KCL A325/KCL A355


特長

高強度の確保

本鋼板は強度特性に優れており、降伏点または耐力をJIS規格(SN)より高めています。このため、設計基準強度を高く設定することができます。

鋼板および溶接部の許容応力度の基準強度

鋼材等の種類および品質 基準強度(N/mm2
建築構造用
TMCP鋼材
KCL A325
KCL A325B
KCL A325C
鋼材の厚さが40mmを超え100mm以下 325
KCL A355
KCL A355B
KCL A355C
鋼材の厚さが40mmを超え100mm以下 355
異なる種類又は品質の鋼材を溶接する場合 接合される鋼材の基準強度
のうち小さい数値とする

すぐれた溶接性

KCLプロセスで製造した鋼板は従来法に比べて炭素当量を比較抑えることができますので、すぐれた溶接性を有しています。

すぐれた溶接継手部の靭性

鋼材の炭素当量が低くなりますので溶接熱影響部の組織が改善され、大入熱溶接を適応した場合でもすぐれた継手靭性が得られます。

良好な耐震性能

降伏点が80%以下と低く管理されていますので、降伏後の塑性変化が大きく、また、B種、C種では降伏点の幅を115N/mm2以下としているため耐震性能に優れています。

良好な厚さ方向性能

C種では、S量を低減し、良好な厚さ方向特性を厚さ方向絞り値と超音波探傷試験で確認しています。

公称断面寸法の確保

B種、C種では、暑さのマイナス側の許容差を厚さによらず一律に0.3mmと厳しく管理しています。

高HAZ靭性鋼

KCL A325およびKCL A355は高HAZ靭性鋼での提供も可能です。

仕様表

建築用厚鋼板 KCL A325/KCL A355 機械的性質

規格 板厚
範囲
t(mm)
引張試験 シャルピー衝撃試験
降伏点
または
耐力
(N/mm2
引張強さ
(N/mm2
降伏比
(%)
伸び 絞り
(%)
温度
(℃)
吸収エネルギー
(J)
板厚
(mm)
試験片 (%)
KCL A325 B 40<t≦100 325~440 490~610 ≦80 ≦50
>40
1A号
4号
≧21
≧23
0 ≧27
C ≧15(個々)
≧25(平均)
KCL A355 B 40<t≦100 355~470 520~640 ≦80 ≦50
>40
1A号
4号
≧19
≧21
0 ≧27
C ≧15(個々)
≧25(平均)

建築用厚鋼板 KCL A325/KCL A355 化学成分

規格 化学成分 (%)
C Si Mn P S N 炭素当量
Ceq(%)※1
溶接割れ感受性組成
Pcm(%)※2
FHAZ
(t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50)
KCL A325 B ≦0.18 ≦0.20 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.030 ≦0.015 ≦0.38 ≦0.40 ≦0.24 ≦0.26
C ≦0.020 ≦0.008
KCL A355 B ≦0.20 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.030 ≦0.015 ≦0.40 ≦0.42 ≦0.26 ≦0.27
C ≦0.020 ≦0.008

※1 Ceq (%) =C+Mn/6+Si/24+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14

※2 Pcm (%) =C+Si/30+Mn/20+Cu/20+Ni/60+Cr/20+Mo/15+V/10+5B

認定証ダウンロード

関連リンク

ページトップへ