高機能抗菌めっき技術 KENIFINE™(ケニファイン)

神戸製鋼所材料研究所が2001年に開発した高機能抗菌めっき技術「KENIFINE™(ケニファイン)」が、日本人の潔癖症なども手伝って応用分野を着実に広げています。 当初は、食品機械・厨房器具や医療・福祉関係が主要ターゲットでしたが、水産養殖(2005年)、グルーミング(2007年)、アミューズメント(2008年)、足ケア(2010年)、植物工場(2012年)、アパレル(2013年)、柔道畳(2015年)、透明フィルム(2017年)、水耕栽培資材(2018年)などにも用途が広がっています。ここまで用途拡大してきた背景には、当社が独占的に事業化せず、めっきノウハウや顧客ニーズに精通しためっき関連業者に広く技術供与する道を選んだことがあります。また、意匠性めっきやアルマイト処理、粉末、ロールコータ成膜技術が開発されるなど、ケニファインの利用技術が大きく進化してきたこともあります。ちなみに、粉末利用により、塗装・スプレー、印刷、練り込みなどによる抗菌加工が可能となり、急速に適用分野を広げました。

KENIFINE™ は、1996年に日本中を震撼させた病原性大腸菌O157による大規模食中毒事件(大阪府堺市)をきっかけに独自開発されたニッケル系特殊合金めっき技術です。従来の抗菌材に比べ10倍以上の抗菌性、50倍以上の防かび性があり、暗闇でも効果を発揮します。水周りのぬめりも抑制します。さらに、岩手大学農学部との共同研究でSARS系ウイルスと同類のコロナウイルスに対して、また静岡県水産技術研究所との共同研究でニジマス卵のミズカビに対して、さらに大阪府立環境農林水産総合研究所との共同研究で水耕(養液)栽培用資材に発生する植物病原菌や藻に対して、抑制効力のあることが確認されています。

KENIFINE™のめっき処理をしたぬめり防止抗菌プレート

KENIFINE™のめっき処理をしたぬめり防止抗菌プレート

KENIFINE™のめっき処理を した抗菌富士ボトルオープナー

KENIFINE™のめっき処理をした抗菌富士ボトルオープナー

KENIFINE™のプリント技術が採用されたTシャツ

KENIFINE™のプリント技術が採用されたTシャツ

KENIFINE™の粉末練り込みを した柔道畳

KENIFINE™の粉末練り込みをした柔道畳

KENIFINE™の実用例

【食品・厨房】
食品・飲料機械部品、食品籠、食品棚、計量機器、包丁など
【建築・医療福祉】
ドアハンドル、手すり、菌培養器部品、回診車、イルリガードル台(点滴台)、柔道畳・介護用畳など
【電機・空調】
空気清浄機・エアコン・浴室暖房乾燥機・掃除機などの部品
【漁業・農業】
養殖用孵化盆ネット、園芸用植木鋏、水耕栽培向け防藻資材など
【台所・風呂用品】
流し台三角コーナー、ごみポケット、ぬめり防止プレート、ユニットバス排水ますなど
【一般消費財】
爪切り・耳かき・毛抜きなどのグルーミンググッズ、スプーンなどのカトラリー、健康用具、ポロシャツなど

カタログ

詳しくは、下記資料をご覧ください。

※無断で情報の加工や部分的な引用はおやめください。

お問い合わせ先

株式会社 神戸製鋼所 技術開発本部
材料研究所 企画
TEL:078-992-5501

Webからのお問い合わせ

ページトップへ