技術開発本部

はじめに

神戸製鋼グループでは、技術開発本部の基礎的・先端的技術を、顧客や生産現場に密着した各事業部門の技術と融合させ、材料、機械、環境、エネルギー、電子技術などの各事業分野における「特長ある製品・技術」の創出と「ものづくり力」の強化を効率的に推進しています。
2016~2020年度中期経営計画では、成長戦略を支える技術開発力の向上を目指し、事業収益拡大を支える主力製品の競争力強化のための差別化技術の創出と当社グループならではの顧客価値を実現する製品・プロセスの創出に取り組んでいます。

組織図

組織

保有コア技術

神戸製鋼グループは、素材系事業、機械系事業、電力事業を3本柱とした複合経営を営んでいます。これら多様な事業の研究開発を通じて、技術開発本部では長年に亘り幅広い技術を培ってきました。特長ある製品の創出と高度なものづくり力を支える技術資産を、私たちは21のコア技術に分類し強化を図っています。またこれらを組み合わせ、お客様と新たな価値創出を継続していきます。

ページトップへ