チタンの歴史

当社チタン研究室に来室したクロール博士です。試験中の真空高周波溶解炉を見学しました(1953年)。

クロール博士とギルバート技師の指導を受けて開発された消耗電極式真空アーク溶解法で溶解した1回溶解50kgチタン鋳塊(左側長尺のもの)と2回溶解鋳塊(右側短尺のもの)です(1954年ごろ)。健全で良好な鋳肌の鋳塊が得られるようになり、1955年には米国にサンプルを輸出しました。

チタン溶解工場建設当時の1ton型VAR溶解炉です(1959)。

1959年に当社設計により高砂工場で稼働した商業生産用の真空アーク溶解炉から、2回溶解後の1トンチタン鋳塊を取り出す様子です。この炉の完成により、化学工業への利用が本格的にはじまりました。

チタン溶解課発足当時のメンバーです(1959)。

お問い合わせ

株式会社 神戸製鋼所 鉄鋼事業部門 チタン本部

チタン営業部(東京)

TEL:03-5739-6204

チタン営業部(大阪)

TEL:06-6206-6567

チタン商品技術室(東京)

TEL:03-5739-6211

ウェブからのお問い合わせ