長府製造所が省エネ大賞「省エネセンター会長賞」を受賞

2016年1月27日

株式会社神戸製鋼所

当社アルミ・銅事業部門の長府製造所は、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する平成27年度「省エネ大賞」の省エネ事例部門において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。本日、東京ビッグサイトにて授賞式が執り行われました。

省エネ大賞は、省エネルギー意識、活動および取組みの浸透、省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的に、企業、自治体、教育機関等における省エネ・節電推進活動事例や、新しく開発された省エネ製品・ビジネスモデル等のうち、特に優れたものを表彰する事業です。(一般社団法人 省エネルギーセンターHPより)

受賞テーマ

非鉄金属工場での全員参加による「大省エネ活動」の推進

活動内容

長府製造所では、リーマンショック以降、省エネ活動を強化し、省エネ機器導入・更新等の設備改善を進めて参りました。しかしながらエネルギーコスト削減やCO2排出抑制の観点から、エネルギー使用量の更なる削減が急務の課題となっておりました。

そこで、2014年度の省エネ活動として、実際に生産設備を操作するオペレーターの主体的な省エネ活動を啓発することを目的に、生産設備のエネルギー使用量の見える化に取組みました。これまでの「スタッフによる設備改造・更新を主としたハード面の改善」から、「現場オペレーターを巻き込んだ操業方法・製造条件などのソフト面の改善」へと活動内容をシフトさせるとともに、所内で省エネ提案賞の設置や、省エネ標語の募集、ポスターの作成・掲示を行いました。

その結果、181組のQCサークルにおいて下記事例を含む計65件の案件をテーマに活動が実施され、2015年1-3月のエネルギー原単位を13年度比で9%削減致しました。

活動事例

当社では、省エネ活動の推進を経営的課題として捉え、2015年4月に「ものづくり推進部」に「省エネ推進グループ」を設置し、グループ会社を含む各事業所の省エネルギーに係る「人材育成と技術支援」に取り組んでいます。今回受賞した長府製造所の取組みは、支援活動の一環として開催している省エネ技術交流会を通して、当社グループ内の各事業所で共有しています。

当社は、今後も省エネルギー活動を積極的かつ継続的に行なうことを通して、省エネルギー型社会の構築に寄与して参ります。

長府製造所 概要

所在地:
山口県下関市長府港町14-1
主要生産品目:
アルミ押出材(鉄道車両用素材など)、アルミ加工品(自動車のバンパービームなど)
銅板条(自動車の電装部品用端子材、半導体リードフレーム素材など)
従業員:
950人(関連会社・協力会社従業員を含む)

(ご参考)

授賞式の様子

関連リンク

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ