神戸発電所1、2号機現行契約満了後の電力受給契約の締結について

2016年12月21日

株式会社神戸製鋼所

当社は本日、株式会社コベルコパワー神戸の神戸発電所1、2号機について、現行契約満了後の電力受給契約を関西電力株式会社と締結いたしました。現行契約は1号機が2017年3月、2号機が2019年3月にそれぞれ満了いたします。

当社は、2002年4月の1号機稼働以降、神戸発電所より関西電力株式会社へ電力を安定的に供給してまいりました。神戸発電所1、2号機は発電規模が各70万kW、合計140万kWであり、神戸市のピーク時の電力需要の約7割をカバーする大規模な電源です。このため当社は、長期安定引取が可能な関西電力株式会社と数年前より協議を重ね、今般契約の締結に至ったものです。

契約の概要

(1)契約先:
関西電力株式会社
(2)対象の発電所:
神戸発電所1、2号機
(3)発電規模:
140万kW(70万kW×2基)

尚、当社は2016年4月に策定した「2016~2020年度グループ中期経営計画」において電力事業を素材系事業・機械系事業に並ぶ3本柱として位置付けております。今回契約した神戸発電所に加え、現在、栃木県真岡市と兵庫県神戸市で新規の発電所建設プロジェクトを進めており、両プロジェクトが運転開始した時点で発電規模は395万kWに達します。
既存の株式会社コベルコパワー神戸の安定操業を継続するとともに、新規の発電プロジェクトを着実に推進し、当社グループの安定収益基盤の確立を図ってまいります。

当社電力事業の概要

会社名/計画名 (今回対象)
株式会社コベルコパワー神戸
(建設中)
株式会社コベルコパワー真岡
(計画中)
(仮称)神戸製鉄所 火力発電所
住所 兵庫県神戸市灘区
灘浜東町2番地(神戸製鉄所内)
栃木県真岡市鬼怒ケ丘15番地 兵庫県神戸市灘区
灘浜東町2番地(神戸製鉄所内)
燃料 石炭 都市ガス 石炭
発電規模 140万kW(70万kW×2) 124.8万kW(62.4万kW×2) 130万kW(65万kW×2)
発電方式 微粉炭火力超臨界圧発電(SC) ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC) 微粉炭火力超々臨界圧発電(USC)
供給開始時期 1号機:2002年4月
2号機:2004年4月
1号機:2019年後半
2号機:2020年前半
1号機:2021年度
2号機:2022年度
契約先 関西電力株式会社 東京ガス株式会社 関西電力株式会社

(参考資料)

株式会社コベルコパワー神戸 神戸発電所

株式会社コベルコパワー神戸 神戸発電所

関連リンク

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ