神戸製鉄所 上工程休止について

上工程設備の集約完了により、事業競争力・収益力の強化を見込む

2017年10月31日

株式会社神戸製鋼所

当社は2017年10月31日をもって、神戸製鉄所の上工程設備(高炉~連続鋳造、一部の分塊圧延設備)を休止し、加古川製鉄所への集約を完了致しました。これにより、年間約150億円のコスト削減を見込んでいます。

上工程集約投資は、国内における内需の減少や、海外での製鉄所増設等による供給増により、鋼材事業を取り巻く環境が厳しくなる中、鋼材事業が勝ち残っていくために必要な施策として2013年度に意思決定を致しました。

この投資は、神戸製鉄所の上工程設備を休止させ、加古川製鉄所の能力を増強(溶鋼処理設備・連続鋳造設備の新設、分塊圧延能力の増強)した上で、両製鉄所の上工程を集約し、加古川製鉄所の稼働率を向上させることで、大幅なコスト削減を実現するものです。

既に加古川製鉄所では、新設した連続鋳造設備と溶鋼処理設備が順調に稼働し、また神戸製鉄所から生産移管される製品の品質確認及びアプルーバル取得も順調に進んでいることから、予定通り、このたび神戸製鉄所の上工程を休止し、集約を完遂することとなりました。

尚、上工程を休止した神戸製鉄所は、加古川製鉄所から半製品の供給を受け、特殊鋼線材・棒鋼の生産に、これまで以上に注力して参ります。

上工程集約に関する設備投資

投資総額:
約655億円
集約の効果額:
年間約150億円程度
投資内容:
第6号連続鋳造工場新設
第2分塊工場増強(加熱炉:1→2基)
溶鋼処理設備増強(真空脱ガス炉:3→4基、取鍋精錬炉:1→2基)
ビレットヤードの整備など

生産プロセスフローの概要

生産プロセスフローの概要

関連リンク

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ