Kobe Steel Asia香港事務所の広州への移転について

2018年1月29日

株式会社神戸製鋼所

当社の100%子会社であるKobe Steel Asia Pte.Ltd.(本社・シンガポール、以下KSA)の香港事務所は、2018年2月より広州へ移転し、中国における統括会社である神鋼投資有限公司(以下神鋼投資)の分公司(支店)として業務を開始します。

同事務所は、主に中国の香港や深圳、東莞地区の電機・OA機器メーカー向を中心とする鋼材の営業支援や技術サービスを目的として、1994年1月に設立、活動してきましたが、その後、日系自動車メーカーが相次いで広州地域に進出するなど、活動領域が拡大してきたことから広州に移転することとしました。

神鋼投資では、既に上海を拠点に中国のお客様向けに鉄鋼製品の営業支援、技術サービス活動を行っておりますが、今後、上海と広州の2拠点体制で、お客様へのサービス機能、活動体制を強化して参ります。

神鋼投資有限公司・広州分公司の概要

所在地:
中国・広州市
設立:
2017年11月(業務開始:2018年2月)
責任者:
濱田 洋一(現KSA社長 兼 同香港事務所長)
従業員:
3名
業務内容:
中国・華南地区における鉄鋼製品の営業支援・技術サービス

神鋼投資有限公司の概要

所在地:
中国・上海市
資本構成:
当社100%
設立:
2009年8月
代表者:
勝川 四志彦(当社 常務執行役員)
従業員:
29名(広州分公司設立後)
事業内容:
中国における当社子会社・関連会社の統括、鉄鋼製品の営業支援・技術サービス等

Kobe Steel Asia Pte.Ltd.の概要

所在地:
シンガポール
資本構成:
当社100%
設立:
1990年1月
従業員:
5名
事業内容:
東南アジア地域における鉄鋼製品の営業支援・技術サービス

関連リンク

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ