KOBELCOの3つの約束

神戸製鋼HOME > プレスリリース > 2014年 > 造船分野における溶接作業性を大幅に向上した水平すみ肉溶接用フラックス入りワイヤ「FAMILIARC™ MX-200F」の開発・販売について

プレスリリース

*プレスリリースの内容は発表時のものです。販売が既に終了している商品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

造船分野における溶接作業性を大幅に向上した水平すみ肉溶接用フラックス入りワイヤ「FAMILIARC™ MX-200F」の開発・販売について

2014年4月17日

株式会社神戸製鋼所

当社は、造船分野における水平すみ肉溶接*1において、1回の溶接操作(1パス)で8mm程度の脚長*2が得られ、かつ、良好な溶接ビード形状を実現する軟鋼用フラックス入りワイヤ「FAMILIARC™ MX-200F」を今月より販売開始しました。
この新商品は、一般財団法人日本海事協会の「業界要望による共同研究」スキームを通じて、同協会、株式会社新来島どっく、ならびに当社の共同研究により開発されました。

近年、船舶分野では、IACS共通構造規則(CSR*3)やIMO塗装性能基準(PSPC*4)により強度設計や塗装施工基準が厳格化の傾向にあります。船体構造の高強度化による鋼板の板厚増加に伴い、溶接脚長も、部材によっては6mmから8mmへの要求も増えてきております。
従来の水平すみ肉溶接用ワイヤにおいて、1パスで8mm程度の脚長を確保するには、溶接条件が厳しく、高度な技能が必要となり、加えて、溶接ビード形状についても、アンダカット*5の発生などにより塗装性にも悪影響を及ぼしていました。このため、8mm程度の脚長と良好な溶接ビード形状を得るためには、2パスでの溶接が必要となり、作業効率面で課題となっておりました。

こうした中、造船業界からの要望により本共同研究を開始し、溶接ビード形状と塗装膜厚との関連性の研究をもとに、水平すみ肉溶接のビード形状に影響を及ぼす溶融スラグ*6の粘度と凝固温度の最適化を図ることで、1パスで8mm程度の大脚長溶接を可能とし、溶接作業効率と塗装性の向上が期待できる「FAMILIARC™ MX-200F」を開発しました。

「FAMILIARC™ MX-200F」は、既に別途所定の試験を実施のうえ、一般財団法人日本海事協会の材料認定を取得し、4月より販売を開始しております。また、4月23日~26日に東京ビッグサイトで開催される国際ウエルディングショーにおいて、当社ブースに出展致します。

溶接材料において、日本、東南アジアでトップシェアの当社溶接事業部門グループは、「世界で最も信頼される溶接ソリューション企業」を目指して、今後も市場のニーズ、溶接での課題解決につながる新たな溶接技術・プロセスを開発・提案し続けて参ります。

用語解説

*1 水平すみ肉溶接
直交する鋼板の角に溶接する三角形状の断面を持つ溶接方法。

*2 脚長
溶接継手のルートからすみ肉溶接の止端までの距離。

脚長 説明図

*3 共通構造規則(CSR)
船の長さが90m以上のばら積貨物船および長さが150m以上の二重船殻油タンカーに対するIACS(国際船級協会連合)の共通構造規則

*4 IMO塗装性能基準(PSPC)
総トン数500トン以上の船舶のバラストタンク、および長さ150m以上のばら積貨物船の二重船側部に対するIMO(国際海事機関)の塗装性能基準

*5 アンダカット
溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶接金属が満たされず溝となって残っている部分

アンダカット

 

*6 溶融スラグ
溶接部に生じる非金属物質。被覆アーク溶接棒の被覆剤やフラックス入りワイヤに含まれるフラックスなどの脱酸材と空気中の酸素などが反応・結合したもの。