水素精製PSAシステム(起動停止対応型)

水素精製PSAシステムは、改質ガス(水素含有ガス)から純水素を精製するシステムです。
神戸製鋼グループ独自のCO選択吸着剤を用いることにより、燃料電池の被毒成分であるCOを確実に除去します。

適応想定例

水素ステーション(精製部分)

水素ステーション(精製部分)

特徴

H2-PSA試験装置

1Nm3/h H2-PSA試験装置

CO選択吸着剤を利用

  • COに対する吸着力の強いCO選択吸着剤を用いることで吸着容量を低減
  • 停止時のCO拡散が少なく、再起動時直後からCOリークの少ない水素を供給可能

重質な成分などへの対応

  • 吸着精製技術を展開、コンパクトな設備での高純度化

吸着剤の特徴:CO選択吸着剤

CO選択吸着剤
背景
製鉄プロセスにおけるCO-PSA用途に神戸製鋼所と関西熱化学が共同で開発
構造
アルミナに一価の銅を担持。Cu(I)+CO→錯体を形成
高吸着容量、高選択性
実績
CO-PSAで20年以上の運転実績高耐久性

吸着機構

COに対して高い選択性
CH4・CO2も同時に吸着

吸着等温線

ゼオライトや活性炭と比較して3倍以上の吸着容量
N2・CO2共存下でもCOに対して高い選択性

吸着等温線(40℃)
CO吸着剤の選択性

性能

CO吸着剤を用いたH2 PSA

水素純度

運転開始直後でもISO規格であるCO濃度0.2 ppm以下を満たす
DSS (Daily Start Stop) 運転に向けて起動時間の短縮が可能

水素回収率

従来型PSAと比べて吸着塔のコンパクト化による回収率の向上が可能

お問い合わせ先

株式会社 神戸製鋼所 機械事業部門 技術開発本部
機械研究所(神戸市西区)
TEL:078-992-5732
FAX:078-992-5547

ページトップへ