神戸製鋼HOME > 技術・製品情報 > 超高圧装置 > 高温・高圧利用装置 > 冷間等方圧加圧装置(CIP) > ピストン式CIP装置

ピストン式CIP装置

ピストン式CIP装置

原理図

ピストンを圧力容器内に挿入し加圧成形するピストン式CIP装置です。超高圧配管をなくし、また加圧シリンダを上部に配置して作業レベルを下げるなど安全性を最重要視しています。600MPa(6100kgf/cm2)以上に用いられます。

Φ100mm×200mmL×588MPa×-20~200℃

Φ25mm×100mmL×1470MPa(15000kgf/cm2)

代表的な仕様例

形式 最高圧力 処理室寸法
内径×高さ
備考
P100 1470MPa(15000kgf/cm2) Φ25mm×100mmL  
P200 200MPa(2040kgf/cm2) Φ100mm×200mmL Max530℃
P400 784MPa(8000kgf/cm2) Φ80mm×180mmL RT~130℃

その他のCIP装置

お問い合わせ

当社の超高圧装置、高温・高圧技術に関する質問や装置導入のご相談など、皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

株式会社神戸製鋼所 機械事業部門

営業・マーケティング本部
新事業推進部

TEL:03-5739-6762
(お電話受付時間:平日10時-17時)

お問い合わせシートへ