性能特性比較

性能

COP6.0/IPLV9.2 達成!!

IPLV(期間成績係数)はARI(米国冷凍空調工業会)が定める、冷却能力が100%の運転時だけでなく、中・低負荷の運転時でのCOP も用いて、年間を通じて冷凍機の運転効率を表わす簡易的指標です。ここで、本開発機のIPLV9.2 とは、ARI の定める条件で、年間のエネルギー投入量(消費電力量)に対して、9.2倍の熱エネルギーが取り出せることを意味します。

全負荷性能特性

全負荷性能特性

部分負荷性能特性

部分負荷性能特性

※ 冷却水入口温度一定

ランニングコストとCO2 排出量試算例(年間冷房運転での試算)

排出量試算例

コンパクト性

サイズの比較

サイズの比較

メンテナンススペース

メンテナンススペース

モジュール化/台数制御機能付き

モジュール化/台数制御機能付き

運転範囲

運転範囲

※冷水温度取出7℃時の冷却水入口温度の下限は13℃です。13℃以下となる場合には、3方弁で13℃以上に制御するか、冷却水ポンプ流量により、冷却水出口温度が18℃以上(冷却水出入口温度差5℃の場合)となるように制御願います。

弊社ヒートポンプに関するメールマガジンを毎月配信しています。以下のリンクよりぜひご登録ください。

お問い合わせ先

株式会社 神戸製鋼所 機械事業部門
圧縮機事業部 汎用圧縮機本部
東京本社 冷熱・エネルギー部
TEL:03-5739-6774
FAX:03-5739-5345

Webからのお問い合わせ

ページトップへ