500kW(150RT)クラスで業界最高効率を達成!

ハイエフミニの高効率化技術を活用しつつ、新開発の高効率ファンなどにより空気熱交換器を高性能化するとともに、その空気熱交換器へ水を吹き付ける(散水する)ことによりさらに熱交換効率を向上させることで、業界最高効率を達成。散水しない乾式機COP4.3もラインナップ。

COP5.5/COP9.0

  • 環境対策
    • CO2排出量を従来機より約25%削減(年間)
    • オゾン破壊係数0のHFC407E冷媒を使用
  • 省エネ
    • 年間ランニングコストを従来機より約40%削減
    • 低出力時部分付加効率を従来機より3倍に向上

神戸製鋼は、1915年に国産第1号機の高圧レシプロ圧縮機を製作して以来、レシプロ式・スクリュ式・ターボ式等さまざまな型式の圧縮機を製作し、ユーザーの幅広いニーズにお応えしてまいりました。

スクリュ冷凍機分野では、1963年に国産第1号機を製作開始後、10,000台を超える納入実績に裏付けされた技術と信用を誇っております。このホームページでは、最も地球環境にやさしい超高効率空冷インバータスクリュヒートポンプチラー(HEPシリーズ)ハイエフヒーポンを紹介します。

東京電力(株)、中部電力(株)、関西電力(株)、(株)神戸製鋼所で共同開発しました。

カタログ・資料

 

関連製品

お問い合わせ先

株式会社 神戸製鋼所 機械事業部門
圧縮機事業部 汎用圧縮機本部
東京本社 冷熱・エネルギー部
TEL:03-5739-6774
FAX:03-5739-5345

Webからのお問い合わせ

ページトップへ