CSR(環境・社会性)

CSR(環境・社会性)

トップメッセージ

トップメッセージ

KOBELCO(神戸製鋼グループ)のCSR活動の考え方をご紹介しています。

神戸製鋼グループのCSRの考え方

CSRについて

CSR活動に関する基本的な考え方、体制をご紹介します。

環境・社会報告書

環境・社会報告書2016

より快適で安心できる未来に向かって、神戸製鋼グループは、多彩な事業活動を通じて、社会の発展や地球環境の保全に貢献しています。

環境経営

グループ環境経営の実践による企業価値向上

6つの実施事項

あらゆる面で環境に配慮したもの作りの徹底 製品・技術・サービスでの環境への貢献 社会との共生・協調 全員参加による取り組みの展開 リスク管理の徹底 環境関連情報の開示

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとのつながりづくりを通じて、企業としての社会的責任を果たします。

ステークホルダーの皆様と、共に生き、共に発展するために。
神戸製鋼グループは、多様なステークホルダーと“信頼”というつながりを創ります。
お客様・お取引先様、株主・投資家様、地域社会の皆様、社員など、それぞれの立場を尊重し、さまざまなご意見・ご指摘に応え、社会に貢献する活動をステップアップすることで、企業としての社会的責任を果たしていきます。
神戸製鋼グループと一人ひとりの“あなた”は、さまざまな接点でつながっています。

  • お客様・お取引先様PDF
    優れた製品・サービスの提供を通じて、お客様やお取引先様の期待と信頼にお応えします。
  • 株主様・投資家様PDF
    経営の透明性を高め、グループ全体での企業価値向上を図ることで、健全で良好な関係づくりに努めます。
  • 地域社会の皆様PDF
    地域に息づく良き企業市民の一人として、各地の事業所を起点に、環境保全活動を支援し、地域社会とふれあい、貢献する活動を続けます。
  • 海外の現地社会PDF
    海外の文化や慣習を尊重し、その国の企業の一つとして現地社会の発展に貢献する活動を目指します。
  • 社員PDF
    社員の人格・個性や人権を尊重し、多様な人材がのびのびと活躍できる職場環境づくりを進めます。

KOBELCOを取り巻くステークホルダー

コベルコ地域社会貢献基金

神戸製鋼グループは、創立100周年記念事業の一環として2006年に「コベルコ地域社会貢献基金」を設立し、未来を担う「子どもたち」を対象に、毎年多くの施設や団体の活動を支援しています。