CSR(環境・社会性)

更新情報

2018.8.31
「神戸製鋼グループ 統合報告書2018」の発行について
2018.6.11
「第6回KOBELCO森の童話大賞」募集開始について
2018.4.2
加古川製鉄所「環境保全に関する現地説明会」の開催について

環境経営

グループ環境経営の実践による企業価値向上

6つの実施事項

あらゆる面で環境に配慮したもの作りの徹底 製品・技術・サービスでの環境への貢献 社会との共生・協調 全員参加による取り組みの展開 リスク管理の徹底 環境関連情報の開示

環境フリーダイヤル

加古川製鉄所、神戸製鉄所、神戸発電所の環境に関するお問い合わせ窓口として、「環境フリーダイヤル」を開設しています。

加古川製鉄所
   0120-145065 (夜間対応可能)
神戸製鉄所および神戸発電所
   0120-755505 (夜間対応可能)

ステークホルダーエンゲージメント

神戸製鋼グループは、「KOBELCOの3つの約束」「KOBELCOの6つの誓い」に則った企業活動を通じ、積極的かつ適切な情報開示と相互コミュニケーションを図ることで、ステークホルダーの皆様との信頼関係を深めていきます。

  • お客様・お取引先様
    優れた技術・製品・サービスの提供を通じて、お客様やお取引先様の期待と信頼にお応えします。
  • 株主・投資家様
    経営の透明性を高め、グループ全体での企業価値向上を図ることで、健全で良好な関係づくりに努めます。
  • 地域社会の皆様
    地域に息づく良き企業市民の一人として、各地の事業所を起点に、環境保全活動を支援し、地域社会とふれあい、貢献する活動を続けます。
  • 海外の現地会社
    海外の文化や慣習を尊重し、その国の企業の一つとして現地社会の発展に貢献する活動を続けます。
  • 従業員
    神戸製鋼グループの最大の財産は「人」であり、多様な人材が活き活きと活躍できる職場環境づくりを進めます。
    ダイバーシティや働き方変革等、様々な活動に取り組むとともに、企業倫理綱領に基づき、人権尊重、ハラスメント防止に向けた取り組みも行っています。
  • 人権尊重の取り組み
    管理職や新入社員を対象とする全社階層別研修では、当社の倫理規範や行動基準の周知に加え、企業活動において人権を尊重し、差別のない健全な職場環境をつくっていくことの重要性について教育を行っています。
    また「社員のための行動の手引き」を全従業員に配布し、一人ひとりに人権を尊重して行動することをうながすと共に、各事業所での研修を通じて人権意識の向上を図り、人権問題の未然防止に努めています。
  • ハラスメント防止に向けた取り組み
    ハラスメントの起きにくい職場環境づくりや発生時の早期解決のため、管理監督職に対するe-ラーニングや教育研修の実施、「セクシャルハラスメント防止マニュアル」などのコンプライアンスマニュアル配布による意識啓発、セクハラ相談のための窓口設置、窓口担当者への研修などを実施しています。
  • 企業倫理綱領

コベルコ地域社会貢献基金

神戸製鋼グループは、創立100周年記念事業の一環として2006年に「コベルコ地域社会貢献基金」を設立し、未来を担う「子どもたち」を対象に、毎年多くの施設や団体の活動を支援しています。

ページトップへ