KOBELCOの3つの約束

女性活躍推進に優れた企業として「なでしこ銘柄」に初選定

2016年3月17日

株式会社神戸製鋼所

当社は、女性活躍推進に優れた上場企業が選定される平成27年度「なでしこ銘柄」に初めて選定されました。昨日、東京都内において「なでしこ銘柄発表会」が行われ、専務執行役員 森地高文が出席致しました。

「なでしこ銘柄」は、経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性が働き続けるための環境整備を含め、女性の登用など活躍推進を積極的に進めている企業を紹介するものです。平成24年度を初回とし、東証一部上場企業と今年から選定対象に加えられた東証二部上場企業、マザーズ、JASDAQの約3,500社から、女性活躍の度合いや財務指標を基に、今年度は45社が選定されました。

当社では、多様な背景や価値観を持つ人たちが職場で十分に力を発揮することが、組織全体の成長力を高め、活力ある事業展開につながると考え、ダイバーシティ推進を重要な経営課題の一つに位置づけております。2014年10月にダイバーシティ推進室を設置し、女性の活躍促進から取り組みをスタートさせていくという方針のもと、女性総合職の採用比率向上や育児/介護との両立支援をはじめとする就業継続支援や活躍支援のための取り組みを行なっています。

主な取り組み

就業継続支援策

キャリア継続休職制度 配偶者の海外転勤等に帯同するための休職制度(最長3年)
再雇用エントリー制度 育児・介護等を理由に退職する場合に再雇用の希望を事前に登録できる制度
ダイバーシティサポートネット ダイバーシティ推進室直通のメールによる相談窓口を開設

活躍支援策

育児休業からの早期復帰支援制度 1歳未満の子どもを認可外保育所に預けて職場復帰する社員へ、月額最大5万円を補助
女性総合職キャリアアッププラン“一皮むける経験” 入社4~7年目の女性総合職を対象に、通常よりも高い目標を掲げ、育成のスピードアップを早める取組み
女性総合職の外部研修への積極的派遣 女性総合職のキャリア形成支援やスキルアップを目的に、社外の女性向けセミナーに随時派遣する取組み
メンター制度 女性総合職のキャリア形成支援を目的に、管理職から仕事やキャリアについてのアドバイス等の支援を受けられる制度
女性管理職/総合職交流会 女性同士の人脈構築、悩みの共有、解決を目的として実施

上司・職場の対応力強化策

各階層に対応した所属長向けダイバーシティ研修 ダイバーシティに取り組む背景とその重要性についてグループディスカッションなどを通して理解を促進
ホームページの開設 当社のダイバーシティの考え方などの周知を目的に2016年に開設

就労環境の改善策

長時間労働削減のための取組み 会議の効率化、19時以降の残業禁止の取り組みなど
年休取得向上のための取組み 2019年度末までに平均の年休取得日数を15日以上とする数値目標を設定
男性の育児参加支援のための取組み 2019年度末までに会社が独自に設定する「育児のための特別休暇」の取得率を、0歳児を持つ男性社員について80%以上とする数値目標を設定

なでしこ銘柄発表会の様子

(上から3段目、左から6人目が専務執行役員 森地高文)

(上から3段目、左から6人目が専務執行役員 森地高文)

当社は引続き、女性社員はもとより社員一人ひとりが最大限の能力を発揮し、活き活きと働ける組織の実現に向け、ダイバーシティをさらに進めて参ります。

なでしこ銘柄ロゴ

なでしこ銘柄ロゴ

なでしこ銘柄ロゴ

関連ページ

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ