非汎用圧縮機事業における大型新試運転設備の開所式開催

世界最大級の試運転設備完成、拡大する大型ターボ圧縮機市場に参入

2017年4月12日

株式会社神戸製鋼所

当社機械事業部門では、2015年2月より約80億円を投資し、高砂製作所内に非汎用圧縮機用の大型新試運転設備の建設を進めて参りました。予定通り今月竣工し、現地にて開所式が開催されましたので、お知らせ致します。式典には、代表取締役副社長執行役員の山口 貢、専務執行役員の大濱 敬織、他関係者約120名が参加しました。

非汎用圧縮機は、石油精製・化学プラント、発電所、製鉄所などでプロセスガスの圧送や反応用途に幅広く使用され、プラントの操業において不可欠な機械です。近年、生産量拡大・効率向上を目指したプラントの大型化に伴い、使用される圧縮機もターボ式を中心とした大型機(モータ出力約30~40MW以上)の需要が高まっています。加えて、これまで大型機市場のプレイヤーは欧州系2社の寡占状態となっており、第3極の存在がユーザーから求められていました。
その様な中、当社は既に40MWクラスの大型ターボ圧縮機の製品開発を完了していましたが、最終工程として性能確認をする大型試運転設備を有していませんでした。市場のニーズに応えるべく、当社は既設20MW試運転設備の約2倍の能力を持つ大型試運転設備をこのたび増設しました。増設により圧縮機の試運転設備としては世界最大級となる40MW可変速モータを使用した試運転が可能となり、大型機市場への参入条件が整います。

当社、機械事業部門では今中期経営計画の中で、「圧縮機事業の拡大」をテーマに掲げています。足元の圧縮機事業の売上高は800~900億円規模ですが、2020年度には1,300億円程度を目指しており、今回の設備を活用し、今後一層の拡販を進めて参ります。

主な圧縮方式

圧縮方式 圧縮方法・特長
ターボ式 羽根車による遠心力を利用して圧縮を行うタイプ。「ギア内蔵式」と「一軸式」がある。当社が得意とするギア内蔵式は、複数の羽根車を最適回転数で制御可能なため、高効率な点が特長。
スクリュ式 2本のスクリュ型回転体の間に生じる溝を利用し圧縮を行う
レシプロ式 ピストンの往復運動によりシリンダー内のガスを圧縮する

挨拶をする代表取締役副社長執行役員 山口 貢

挨拶をする代表取締役副社長執行役員 山口 貢

建屋外観

建屋外観

設備外観

設備外観

関連リンク

プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ