KOBELCOの3つの約束

建築構造用高降伏点490N/mm2鋼管 KSAT400


特長

高YP

従来鋼の490N/mm2級鋼(KCL A325) 同等の強度クラスで、設計基準強度をアップ

高い溶接性

YP325、YP440鋼管と同等のCeq、Pcm ⇒ 予熱フリー

良好な溶接継手靭性

従来と同等の良好な靭性確保

溶接継手性能(板厚40mm)

シーム溶接継手性能はスペックを十分満足し、円形鋼管として優れた性能を有している

シーム溶接条件

シーム溶接条件
板厚:40mm
溶接方法:サブマージアーク溶接
入熱:約60~90kJ/cm

シーム溶接条件

継手引張試験結果

項目 採取方向 引張強さ
(N/mm2
破断位置
継手引張 円周方向 621 母材
616 母材
Spec ≧490 -

※ 試験片形状:JIS Z3121 1号

継手シャルピー衝撃試験結果

項目 位置 vE0(J) Ave
継手シャルピー Depo 92、93、90 92
Bond 194, 181, 188 188
HAZ 1mm 196, 244, 195 212
Spec ≧27J

※ 試験片形状:JIS Z2242 Vノッチ

品質特性例

KCL A400の化学成分で鋼管用の鋼板製造方法を確立。仕様を十分に満足する優れた鋼管性能を有している。

建築構造用高降伏点490N/mm2鋼管 KSAT 400 品質特性例 機械的性質

板厚
(mm)
D/t YP
(N/mm2
TS
(N/mm2
YR
(%)
El
(%)
一様伸び
(%)
vE0
(J)
28 20 477 561 85 32 17 293
50 20 510 587 87 31 15 311
80 10 507 579 88 28 13 280

建築構造用高降伏点490N/mm2鋼管 KSAT 400 品質特性例 化学成分

主要元素 mass% 割れ
感受性
PCM (%)
炭素
当量
Ceq(%)
C Si Mn P S Nb Ti B
KSAT 400 0.08 0.15 1.55 0.007 0.002 0.018 0.012 0.0010 0.17 0.34

仕様表

建築構造用高降伏点490N/mm2鋼管 KSAT400 化学成分

規格 化学成分 (%)
C Si Mn P S N 炭素当量
Ceq(%) ※1
溶接割れ感受性組成
Pcm(%)※2
FHAZ
(t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50)
KSAT400 ≦0.20 ≦0.55 ≦2.00 ≦0.030 ≦0.015 ≦0.006 ≦0.40 ≦0.42 ≦0.26 ≦0.27

建築構造用高降伏点490N/mm2鋼管 KSAT400 機械的性質

規格 化学成分 (%)
C Si Mn P S N 炭素当量
Ceq(%) ※1
溶接割れ感受性組成
Pcm(%)※2
FHAZ
(t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50) (t≦50) (t>50)
KSAT400 ≦0.20 ≦0.55 ≦2.00 ≦0.030 ≦0.015 ≦0.006 ≦0.40 ≦0.42 ≦0.26 ≦0.27

※1 Ceq (%) =C+Mn/6+Si/24+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14

※2 Pcm (%) =C+Si/30+Mn/20+Cu/20+Ni/60+Cr/20+Mo/15+V/10+5B

鋼管製造可能サイズ

KSAT400 製造可能サイズ

KSAT400 製造可能サイズ

※最大製品重量 1シーム:17トン 2シーム:34トン

ご相談範囲

認定証ダウンロード

関連リンク

ページトップへ