建設機械

建設機械

日本で、世界でインフラを創出する建設機械。神戸製鋼は高品質化と効率化に貢献する、溶接プロセス、システム、材料を提供していきます。

大電流MAGプロセス

溶接プロセス・システム・材料でお客様の生産性向上に貢献!

溶接の見える化・自動化への取り組み

 

大電流MAGプロセス 紹介動画(約2分)

シングルトーチで従来ダンデム溶接法並の高溶着速度

大電流MAGプロセスは従来シングル溶接法の2倍以上、従来タンデム法に匹敵する高溶着速度を実現

大電流MAGプロセス

大電流MAGプロセス

大電流でもスプレー移行で低スパッタ

ソリッドワイヤではローテーティング移行となる大電流域においても、専用フラックス入りワイヤ FAMILIARC™ MX-100Dにより安定したスプレー移行を実現! スパッタ発生量も大幅に低減!

大電流MAGプロセス

深溶込み

大電流MAGプロセスは既存高能率溶接法であるダンデム溶接と比べて、極めて深い溶込みを実現!

大電流MAGプロセス

大電流MAGプロセス
Depth of Penetration: 5.0mm
Welding Current: 600A
Welding Speed: 33cm/min

大電流MAGプロセス

従来法 / ダンデム
Depth of Penetration: 2.5mm
Welding Current:
L 350A T 320A
Welding Speed:
1pass 55cm/min
2pass 40cm/min

下向すみ肉(脚長 15mm)

大電流MAGプロセス とダンデム溶接法の特長

共に高能率溶接法ですが、大電流MAGプロセスはシングルトーチのため、ティーチングがしやすいことや、狭隘部にトーチが入りやすいためロボット溶接の適用率を高くすることができます。

  大電流MAGプロセス

大電流MAGプロセス

タンデム溶接法

大電流MAGプロセス

ワイヤ溶融速度
スパッタ量
最大溶接速度
溶込み深さ
操作性
ガスコスト

大電流MAGプロセスのシステム構成

大電流MAGプロセス

溶接ロボット ARCMAN™ MP
専用溶接ワイヤ FAMILIARC™ MX-A100D 1.4mmΦ
溶接電源 SENSARC™ AB500

タンデムアーク溶接システム

タンデムアーク溶接法の特徴

高能率水平すみ肉溶接法(CBコントローラ機能)

特長

大電流MAGプロセス

溶接速度の向上による高能率化脚長6mmで70cm/minの高速溶接(シングル水平すみ肉溶接)
オーバラップ、アンダカットのない高品質な溶接
下向き→水平姿勢による周辺装置(ポジショナ)の簡略化

特長2

ポジショナーの簡略化が可能

 

機能

特長2

ウィービング中心から立板側と下板側で、異なるアーク電圧を設定可能
ウィービングの振り方向を変更可能

大電流MAGプロセス

効果

特長2

鋼板 SS400 6mmt×75mmw×300mmL
ワイヤ FamiliarcMG-50R (JIS Z 3312 YGW11)
シールドガス 80%Ar+20%CO2
溶接電流 450A
ウィービング 3mm→4mm×2.6Hz
溶接速度 700mm/min.

構成

大電流MAGプロセス

マニピュレータ:ARCMAN™GS、ARCMAN™MP
新型 ロボットコントローラ「CB」
溶接電源:SENSARC™AB500

AP-SUPPORT™

  • 現在/過去の生産実績・エラー・溶接中の状態を、グラフおよび映像で見える化
  • 課題発見~解決~生産効率向上のサイクル時間の短縮に貢献

生産モニタ:生産実績を見える化

生産モニタ:生産実績を見える化

アークモニタ:溶接の状態を見える化

アークモニタ:溶接の状態を見える化

生産監視カメラ[開発中]:現場の状況を見える化

生産監視カメラ[開発中]:現場の状況を見える化

システム例

システム例

レーザキャップセンシング

特徴

幅広い継手形状に対応
フレア開先やT継手のギャップなど幅広い継手形状に対応
サイクルタイム削減
ワイヤタッチセンシングに比べて測定動作を約60%削減
高いギャップ検出精度
ワイヤタッチセンシングと比べてより高精度な測定が可能

高いギャップ検出精度

メーカ servo robot
型式 SFK350
レーザクラス 2M
タイプ シームファインディング(開先検知)

レーザローサ

建設機械ロボットシステム導入事例

建設機械溶接ロボットシステム 導入事例(約7分)

橋梁・車輌・産業機械溶接ロボットシステム 導入事例(約3分)

ページトップへ