食品用高圧処理装置

食品分野で実用化される高圧食品

食品分野への高圧利用に関する研究開発は、長年続けられていますが、近年、商品化に向けさらに活発化してきております。ジャム、果汁飲料、不凍果実などに始まり、米飯パックの製造に実用化され、近年では非加熱殺菌分野へも広がりつつあります。消費者の多様なニーズを背景に高圧を利用した食品は身近なものになってきています。

生産用高圧処理装置

装置例1(横型HPP超高圧処理装置“FOOD FRESHER”)


横型HPP超高圧処理装置“FOOD FRESHER”
※FOOD FRESHERは商標登録出願中です

FOOD FRESHERの特徴

  • 線巻式圧力容器+プレスフレーム構造による安全性
  • 50年以上にわたる、超高圧装置製作実績に裏付けされた信頼性
  • 横型レイアウトによる良好な作業性、建屋高さの制限緩和
  • 使用、設置における特別な資格・届出等は不要

(画像クリックで拡大します)

紹介映像

FOOD FRESHER

横型HPP超高圧処理装置“FOOD FRESHER”をご紹介します。

ラインアップ

用途 型式 圧力(MPa) 容積(ℓ)
殺菌・加工 FF6005 600 50
FF6010 100
FF6020 200
FF6040 400
FF4010 400 100
FF4020 200
FF4040 400
二枚貝・甲殻類の殻むき FF2520 250 200
FF2540 400
FF2560 600
研究開発 Dr.CHEF 700 0.6
1000 0.3

装置例2


Φ420mm×940mmL×392MPa×RT~80℃

仕様

 

最高使用圧力 392MPa(4000kgf/cm2)
処理室寸法 Φ420mm×940mmL
処理室容積 130リットル
圧力媒体 真水
使用温度 室温~80℃
荷重支持方式 プレスフレーム支持
容器形式 線巻強化厚肉円筒構造

研究開発用高圧処理装置(Dr.CHEF)

研究開発用高圧処理装置(Dr.CHEF)

主仕様

  標準仕様 オプション
成形圧力 686MPa (7000kgf/cm2) 981MPa (10000kgf/cm2)
容器内法寸法
内径×深さ
Φ60mm×200mmL Φ50mm×150mmL
外形寸法 1370mm(W)×1100mm(D)×1495mm(H)
使用温度 -20~80℃対応
(仕様温度はオプションの加熱、冷却ユニットによる)

ユーティリティ

電源 AC 220/200V±10% 50/60Hz±10% 3相3線 2kVA

映像資料 「高圧力技術の食品利用と微生物への影響」

高圧力技術の食品利用と微生物への影響

小型ポンプから等方圧延装置まで、様々な装置をご紹介します。

お問い合わせ

当社の超高圧装置、高温・高圧技術に関する質問や装置導入のご相談など、皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

株式会社神戸製鋼所 機械事業部門

産業機械事業部 重機械部 営業室

TEL:03-5739-6762
(お電話受付時間:平日10時-17時)

お問い合わせシートへ