高温・高圧利用技術

金属やセラミックス製品の加工にとどまらず、食品加工にも利用される高温・高圧の技術

高温・高圧を利用した技術は近年注目を集め、金属やセラミックス製品の加工にとどまらず、食品加工にも応用され、実用化製品が普及しつつあります。その技術について、詳しくご紹介します。

熱間等方圧加圧法(HIP)とは

 
熱間等方圧加圧法(HIP)とは

従来不可能とされていた鋳物の巣の除去など、種々の技術課題が解決が可能です。

冷間等方圧加圧法(CIP)とは

 
熱間等方圧加圧法(HIP)とは

セラミックスや粉末冶金の分野で有力な成形方法として利用されています。

高圧食品技術について

 
高圧食品技術について

食品分野でのさまざまな高圧利用法が実用化されています。

お問い合わせ

当社の超高圧装置、高温・高圧技術に関する質問や装置導入のご相談など、皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

株式会社神戸製鋼所 機械事業部門

営業・マーケティング本部
新事業推進部

TEL:03-5739-6762
(お電話受付時間:平日10時-17時)

お問い合わせシートへ