冷間等方圧加圧装置(CIP)

セラミックスや粉末冶金の分野で有力な成形方法として利用される冷間等方圧加圧(CIP)装置

冷間等方圧加圧装置(CIP)は、水などの液体を圧力媒体とし、主として高い等方圧力を粉体に加え、さまざまな形状に成形する技術です。CIP装置は、セラミックスや粉末冶金の分野で有力な成形方法として利用されています。

WET CIP装置

 
WET CIP装置

カーボン、耐火物、セラミックス業界など多くの業界で使用されている生産用CIP装置です。

大型WET CIP装置

 
大型WET CIP装置

設置条件、生産計画にあった装置を設計製作いたします。

ピストン式CIP装置

 
ピストン式CIP装置

ピストンを圧力容器内に挿入し加圧成形するピストン式CIP装置です。

DRY CIP装置

 
DRY CIP装置

省力化・自動化・作業環境改善が容易なため単純形状の少品種多量生産に適しています。

Dr.シリーズ

 
Dr.シリーズ

設置場所を選ばない小形研究用CIP装置です。

ゴム型等方圧加圧装置(RIP)

 
ゴム型等方圧加圧装置(RIP)

CIP法と同じ原理ですが液圧を用いないので、より簡易的かつ安全性の高い装置です。

お問い合わせ

当社の超高圧装置、高温・高圧技術に関する質問や装置導入のご相談など、皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

株式会社神戸製鋼所 機械事業部門

営業・マーケティング本部
新事業推進部

TEL:03-5739-6762
(お電話受付時間:平日10時-17時)

お問い合わせシートへ