柱大組立溶接システム(2アーク)

2アーク化で、さらにコストダウン!
『低価格』『短納期』『高品質』を実現!!

特長

柱大組立2アーク溶接ロボットシステム

  1. シングルアーク溶接システム比、約1/2の溶接時間を実現
  2. 異なるルートギャップを溶接(ギャップ差6mmまで対応)
  3. 異なるサイズ(板厚、径、2ランク)でも2アークによる同時溶接が可能
  4. 2ロボット+2ポジショナタイプの相互乗入仕様など、ご希望に合わせた提案が可能
  5. 連結コア、丸パイプ、SRCの2アーク溶接や柱大組立+仕口等の応用も可能
  6. コアの中間ダイヤフラムを左右から同時溶接することによる、かさ折れ防止効果

システム構成と仕様

システムタイプ 10T-800MP2 15T-1000MP2 20T-1000MP2 30T-1000MP2
コラム径 250~800mm 250~1000mm 250~1000mm 250~1000mm
パイプ径 250~813mm 250~1016mm 250~1016mm 250~1200mm
柱最大重量・溶接適用範囲 10トン・13m 15トン・13m 20トン・13m 30トン・13m
仕口数 最大4節+ベースプレート
適用板厚 コラム 9、12、16、19、22、25、28、32、36、40mm
丸パイプ 9、12、16、19、22、25、28、32、36、40、45、50、55、60mm
SRC 9~32(1mmピッチ)、35、40、45、50、60mm
コラム厚板対応(オプション) 45、50mm
ギャップ範囲 4~10mm
2つの継手の許容ギャップ差 最大6mm(組み合わせによりシングルパスが入る場合があります)
組み合わせ継手 2アーク溶接の組み合わせ選択は自動設定

納入事例

異なるサイズでの溶接

異なるサイズでの溶接

丸パイプの2アーク溶接

丸パイプの2アーク溶接

導入効果

異なるギャップを溶接

ギャップ5mm ギャップ9mm

※組み合わせによりシングルパスが入る場合があります。


溶接ロボットシステム トップページへ

ページトップへ