天吊マルチワーク溶接システム

特長

ロボットを天吊タイプにすることで、これまで対応が難しかった箇所への適用が可能となり、多用途、高稼働を実現いたしました。

天吊マルチワーク溶接ロボットシステム

  1. 各種コア、仕口、内ダイアフラム、SRCシャフトに適用
  2. 異種・複数ワークの連続運転により、長時間運転を実現
  3. コアだけでなく、仕口、内ダイアフラム、SRCシャフト全てに対話式入力画面を採用
  4. ワーク測定と入力の手間を軽減させることにより時間短縮と入力ミスを防止
  5. 予約運転機能を用いて異なる複数のワークを一度にセットし、連続での運転が可能
  • ※1 コアの連結にはコア連結クランプ(オプション)が別途必要です。
  • ※2 建築鉄骨ロボットの型式認証範囲については別途ご相談ください。
  • ※3 記載内容は製品改良等のため予告なく変更する場合があります。

システム構成と仕様

コア

種類 適用厚板 厚板対応
(オプション)
長さ
コラム 250~800mm 9、12、16、19、22、25、28、32、36、40mm 45、50mm 300~3500mm
丸パイプ 250~813mm 9、12、16、19、22、25、28、32、36、40、45、50、55、60mm
SRC 250~800mm 9~32(1mmピッチ)、36、40、45、50、60mm

仕口

種類 ダイヤフラム寸法 フランジ幅 フランジ板厚 梁成 仕口段差
S造仕口 250~1100mm 100~400mm 9~32(1mmピッチ)36、40、45、50mm
9~32mmは1mmピッチ
300~1000mm
700~1000mm
120mm以上
SRC造仕口

内ダイヤフラム

種類 コラムコア外径 内ダイヤフラム深さ 内ダイヤフラム板厚 コラムコア高さ
内ダイヤフラム 200~1000mm
コラム内径175mm
300mm以内 9~32(1mmピッチ)36、40、45、50mm
9~32mmは1mmピッチ
1000mm以下

SRCシャフト

種類 フランジ幅 フランジ・ウェブ板厚 シャフト長さ フランジ間 間隔 フランジ開口部
SRCシャフト 100~400mm 6~25mm 1000~3000mm 800mm以内 100mm以内

溶接ロボットシステム トップページへ

ページトップへ