鉄骨天吊梁溶接ロボットシステム

鉄骨需要量の約60%を占めるといわれる、梁溶接の自動化を実現します。

特長

専用ポジショナによる自動反転

専用ポジショナによる自動反転

梁専用設計のポジショナにより、簡単にワークの脱着作業することが出来ます。

梁溶接の幅広い継手に対応

鉄骨の仕口溶接(床置き)、鉄骨コア溶接(コアポジショナ追加)なども可能です。

適用箇所 サイズ
梁ウェブ×スチフナー 400~900mm
(ポジショナ使用の場合は400~1400mm)
梁フランジ×スチフナー
(ポジショナ使用の場合のみ)
400~800mm
回し溶接も可能
梁ウェブ×補強プレート 梁フランジ間距離 50mm~

多層すみ肉に最適なFCW

  • 多層すみ肉に最適
  • 優れた溶接作業性
  • 良好な耐気孔性

専用ソフトで簡単入力

スチフナー入力画面

補強プレート入力画面

鉄骨梁システム 映像

ページトップへ