写真1

KOBELCO森の童話大賞に関する、大きなこと小さなこと、色んな事を発信していきます。

こんにちは!

KOBELCO森の童話大賞事務局、みやです。


12月!!

今日はクリスマスですね!


さて、童話大賞では12月といえば、

永田萠さん、Rokoさんが、絵を描き始める頃です。


その前におさらいです。

審査会で金賞作品が決定すると、

永田萠さん、Rokoさんは、森の専門家の服部保さんと相談をして、絵本の舞台となる森を決めます。

そこには、どんな木が生えているのか、

どんな動物が住んでいるのか、

季節は…などなど。


そうして、資料を集め、絵を描いてくださいます。

前回ご紹介した、Rokoさんの「絵本ができるまで」の中の「その2」「その3」で、出てきますね。


と、もちろん資料だけではなく、

実際その森へ出かけることも、あるんです。


今回、永田萠さんと、服部保さんが、妙見の森に視察に行かれました。

今日はその日の様子を、ご紹介します!!!


今回、萠さんが描くのは、小学生の部金賞作品「クヌギの百年母さん」。

服部さんおすすめのクヌギがあるからと、集合したのは、

兵庫県川西市黒川の「妙見の森ケーブル 黒川駅」。



残念ながら紅葉の時期は既に終わっていて、

ケーブルも運行していませんでした。

その横の登山道を歩いて、さぁ出発!



森に入ると、立ち止まっては、木について、葉っぱについて、教えてくださる服部さんと、

写真に収めながら、お話を聞く萠さん。




そして、台場クヌギと呼ばれる、特徴的な形のクヌギの林に行きました。

1~3mの幹の途中で切っちゃうんです。

そうすると幹から枝が生え、それを10年ほどで、また切って・・・を繰り返していくと、

幹が太くなって、写真のような形になります。

(この写真にあるクヌギは100年ほど経っています)

切った枝は、焼いて炭にします。

ここの炭はとても有名なんですって!

菊炭(一庫炭)と言われるもので、

煙が出にくく、ばちっと火花が飛ぶ(爆ぜる)こともないそうで、主に茶道に使われるそうです。




林業遺産と、川西市の天然記念物にも認定されています。


と、他にも服部さんの解説は、続きます。



エドヒガン。

桜の種類で、ソメイヨシノより少し早いタイミングで花が咲きます。

幹に注目すると、縦に模様が入っていますが、これは成熟した木という事で、

幼い木は横に模様が入っているそうです。



ヤマコウバシ。

落葉樹なのですが、葉が落ちないことから、受験のお守りになるそうです。

このBlogを見てくれている受験生に皆さんに!!!!



山を下りて、こちらも服部さんおすすめのスポット。

この山。

右側には人の手が加わっていない自然林の照葉樹林。

昔からの神社があり、常緑の鎮守の森が広がっています。

そして、左側。

茶色くなっているのは紅葉している、落葉樹林。

人の手が入った里山林なんです。

落葉樹林は夏緑樹林とも言います。

夏緑樹林は林内が明るく、色々な植物が育ちます。

照葉樹林の林内は暗く、暗い所を好む植物しか生えていません。


自然林と里山林の両方がわかりやすく見えるこのスポットは、

学校の子供たちの見学でも立ち寄るようになっているそうです。

ナルホド。


※KOBELCO森の童話大賞のHPでも「おはなしを書く前に」というコーナーで、

    森について、簡単に解説をしています。

    ぜひとも見てみてくださいネ。


この日1日で、色んなことを学びました。

中々、森に行く機会なんてないですし、

しかも、森の専門家の方に色々解説してもらう機会なんて、本当滅多にないと思います。

だからこそ、みなさんも、そんな機会が巡ってきた時には、

ぜひとも森に行ってみて下さいね。


森を知る事。

それが私たちの目的「森を大切にする」ことの大切な第一歩なんですから。


さて、萠さんが取材した今回の妙見の森。

この取材を経て、どんな絵が出来上がるか、ますます楽しみになってきました!!



    


  


萠さん、よろしくお願いしまーす!!!!



(みや)

こんにちは。

KOBELCO森の童話大賞事務局、みやです。


前回ご紹介した連載の「絵本ができるまで」が、見づらいなぁという事で、

今回、まとめのページを作成しました。


Rokoさんの「絵本ができるまで(第4回)」

見返すと、本当大変な作業ですよね。

こちらの絵本は、兵庫県内等後援自治体の小中高、特別支援学校、公立図書館に寄贈しています。


学校の図書室や図書館で「森のシャンデリア」を探して、

完成した絵本と、ラフの絵やボツの絵と見比べても面白いかも!!!


尚、現在も、第5回の絵本制作に取り掛かってくださっています。


永田萠さん、Rokoさん、今年もどうぞよろしくお願いします!!!




(みや)

こんにちは。

KOBELCO森の童話大賞事務局、みやです。


先日、童話大賞のHPの方で、審査結果の発表を行いました。

もうご覧になられましたか?


さて、ここBlogでは、10月下旬に開催された審査会の様子をご紹介します。


    


        


審査員長の永田萠さん、審査員のRokoさん、服部保さん、

そして、今年度は文章の専門家というお立場でBL出版の落合直也さんにも審査に加わって頂きました。


みなさん、集まった様々な作品を前に、真剣に、時には笑顔を見せながら、意見を出し合い、審査をしていきます。

そして、小学生の部、中高生の部、それぞれの受賞作品が決定!!!





お疲れ様でした!の記念撮影ですが、審査員の皆さん、良い笑顔ですネ。

長時間の審査会でしたが、充実感でいっぱいです。

こうやって、審査された作品が、HPで発表された作品たちです。


受賞された皆さん、改めておめでとうございます!!!


さて、その中でも、金賞作品は、永田萠さん、Rokoさんの挿絵で絵本化されます。

これから、萠さん、Rokoさんの絵本制作がスタートします。


Blogでは、Rokoさんの「絵本ができるまで」を昨年度連載していました。

原稿用紙で応募された作品が、どうやって絵本になっていくのか。

「森」をテーマにしているKOBELCO森の童話大賞は、絵本化に関しても、妥協はありません!

舞台背景等々含めた裏話、絵本を作っていく順番、絵を描く事について、

Rokoさんが頑張ってくださった様子もあわせて、色んな情報が満載です。

みなさん、ぜひ見てみてくださいネ。


今年度も、どんな絵本が出来上がるか、わたしたちもとっても楽しみです!!!



(みや)