サステナビリティ経営のフレームワーク

グループ企業理念に基づくサステナビリティ経営の推進

KOBELCOグループは、事業活動を支える「経営基盤領域」と、事業成長を実現する「価値創造領域」とに分けて、グループ企業理念に基づくサステナビリティ経営の推進を行っております。

「KOBELCOが実現したい未来」を見据え、「KOBELCOの使命・存在意義」を果たすことにより、持続的に成長し、中長期的な企業価値向上を追求していきます。

取り組むべき重要課題

サステナビリティ経営の推進体制

サステナビリティ経営の推進においては、重要課題について経営審議会の補佐機関であるサステナビリティ推進委員会を中心にマネジメントサイクルを回すことを基本としつつ、積極的な情報開示とESG外部評価やSDGsなどの推進ツールも活用しながら、取締役会によるモニタリングも行う体制としています。

サステナビリティ推進委員会体制と機能

委員長(責任者)
取締役執行役員 永良 哉
取締役会への報告
1回程度/四半期
開催頻度
1回程度/四半期
機能
1.サステナビリティに関わる当社グループの課題の抽出
2.サステナビリティ推進活動のスケジュールの作成
3.グループ中期経営計画への提言
4.当社グループのサステナビリティ推進活動のモニタリング及び提言
5.イニシアティブへの参画などの表明・発信と取組みの推進
6.環境、社会、ガバナンスに関わる外部評価などへの対応

サステナビリティ推進委員会の位置づけ

サステナビリティ推進委員会の位置づけ

ページトップへ