法律に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

1.「次世代育成支援対策推進法」とは

「次世代育成支援対策推進法」は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備のために、国、地方公共団体、企業、国民が担う義務を明らかにしたもので、2005年施行、2015年から改訂が行われています。

この法律の下、当社は「一般事業主行動計画」を策定することが義務付けられています。

2.「一般事業主行動計画」とは

次世代法に基づき、従業員の仕事と子育ての両立を図るために策定する計画です。

当社は、第2次計画、第3次計画において、それぞれ目標を達成し、かつ厚生労働省が定める一定の基準を満たしたことから、これまでに2度、「くるみん認定」を取得しています。

2019年8月には、第4次行動計画における計画の達成およびさらに高い基準を満たしたことから、優良な「子育てサポート企業」に与えられる「プラチナくるみん認定」を取得しました。

プラチナくるみん

2019年8月8日
「プラチナくるみんマーク」取得についてー基準適合一般事業主認定通知書

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画

1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」とは

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」は、女性の個性と能力が充分に発揮できる社会の実現を目的として2016年4月1日より施行されます。
この法律の下、当社は「一般事業主行動計画」を策定することが義務づけられています。

2.「一般事業主行動計画」とは

女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する状況分析、課題分析を踏まえ、女性の活躍推進のために策定する計画です。

3.株式会社神戸製鋼所の第1次行動計画

当社は、2016年度から4年間を期間として第1次一般事業主行動計画を策定しました。

(内容は下記リンクをクリックしてください)

2016年4月1日
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画(第1次)

ページトップへ