神戸製鋼HOME > 技術・製品情報 > 超高圧装置 > 高温・高圧利用装置 > 熱間等方圧加圧装置(HIP) > Dr.シリーズ

Dr.シリーズ

設置場所を選ばない小型研究用HIP装置です。
最先端材料、新素材の研究開発に使用されています。

O2-Dr.HIP

クリックするとカバーを開いた状態の画像をご覧いただけます。

主仕様

O2‐Dr.HIP

※Gr:グラファイト,Mo:モリブデン
※Ar+O2*:アルゴン+酸素。酸素濃度は最大20%です。
Pt-Rh Gr Mo
Ar,Ar+O2* Ar,N2 Ar
Φ50mm×60mmL Φ50mm×75mmL Φ75mm×100mmL
1500℃ 2000℃ 1500℃
200 MPa(2040 kgf/cm2
1315mm(W)×1100mm(D)×1300mm(H)
1100 kg

急冷Dr.HIP

主仕様

処理室内の細線に処理品を吊り下げ、通電により細線を溶断することで処理品を低温域に落下させ急冷する装置です。地質学研究で高温・高圧状態から急冷されるマグマのシミュレーション実験に役立てられています。

急冷 Dr.HIP

ヒータ形式 Mo
処理ガス Ar
処理室寸法 Φ20mm×20mmL
最高温度 1500℃
落下箇所温度 目標320℃以下
最高圧力 196MPa(2000kgf/cm2)

その他のHIP装置

お問い合わせ

当社の超高圧装置、高温・高圧技術に関する質問や装置導入のご相談など、皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

株式会社神戸製鋼所 機械事業部門

営業・マーケティング本部
新事業推進部

TEL:03-5739-6762
(お電話受付時間:平日10時-17時)

お問い合わせシートへ